佃島の漁民たちの保存食だった佃煮

砂糖と醤油で食材を甘辛く煮付けた佃煮。小魚やあさり、昆布、牛肉からイナゴまで、さまざまな種類の佃煮がありますが、その発祥は江戸時代、徳川家康が江戸に入府した天正18年(1590年)までさかのぼります。そのとき、徳川家康は江戸幕府お抱えの漁師とするべく、摂津国佃村(現在の大阪市西淀川区佃)から33人の腕の立つ漁師を呼び寄せました。隅田川河口の干潟を埋め立てて小島を築き、そこに呼び寄せた漁民たちを住まわせて、将軍家に魚を納めさせたのです。この小島が現在の佃島です。

5836d78c d69c 40cd babb af148074de15

彼らは漁業で生計を立てていましたが、日々の暮らしは貧しいものでした。やがて漁民たちは、ハゼや小エビ、貝類など将軍家に納めない雑魚を材料を煮詰めて、自分たちで食べる常備菜や保存食を作り始めます。これが佃煮の始まりです。佃煮といえば醤油味というイメージが強いですが、当時は醤油は高価だったため、塩で煮ていたそうです。やがて醤油が庶民にも使えるぐらい普及すると、佃煮は醤油味に変わり、自分たちで食べるだけでなく、商品として売り出すようになりました。

こうして生まれた佃煮はその保存性の良さと値段の安さによって江戸に住む庶民たちの間ですぐに人気を集めました。さらに参勤交代で江戸にやってきた武士たちが江戸名物として佃煮を購入して各地に持ち帰り、全国的に広まっていったのです。やがて佃煮は全国各地で作られるようになり、材料の種類も増えて、ご飯にぴったりのおかずとして多くの人に愛される日本の味のひとつとなったのでした。

おすすめのレシピ

しいたけの佃煮

SHIORI

122kcal / 25分
しいたけと昆布だけで作るシンプルな佃煮。親しみやすい甘辛味で、白いごはんがどんどん進みます。しいたけは薄切りではなく、くし型に切るのがコツ。しっかり煮ても程よい食感が楽しめますよ。
新しょうがとじゃこの佃煮

鈴木 好次

246kcal / 45分
爽やかな香りと柔らかい食感が楽しめる新しょうが。ちりめんじゃこと山椒で旨味と風味を加えた、気の利いた佃煮です。アツアツごはんにはもちろん、焼き魚の付け合わせにするのもおすすめ。お酒のアテにも。
パリパリ!ピーマンの海苔佃煮

斉藤 辰夫

29kcal / 10分
野菜のパリっとした食感を残した、さっとできる簡単煮。海苔のうまみと梅の酸味の相性がとても良く、ビタミン、ミネラル、クエン酸など栄養バランスも満点です。夏らしいピーマンの切り方がポイントですよ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。