「生キャラメル」の“生”ってなんのこと?

生ビールや生醤油の“生”は「熱処理をしていないもの」、生クリームの“生”は「乳脂肪分のみを原料としたクリーム」、生チョコレートの“生”は「全重量の40パーセント以上のチョコレート生地を使ったチョコレート加工品のうち、クリームが全重量の10パーセント以上で水分が全重量の10パーセント以上のもの」というように、“生”にはそれぞれの条件が定められています。それでは、「生キャラメル」の“生”とはいったいどんな条件があるかというと、実はとくに決まった条件はありません。単純に生クリームを多く使っていてクリームの風味が強いことや、新鮮さをイメージするために「生キャラメル」と名付けられたようです。

66965017 1e94 4ad1 a68b db2dbd53c799

「生キャラメル」は2006年に北海道の乳牛メーカー・ノースプレインファームが牛乳消費の拡大を目指して開発した商品。前述のように原料に生クリームを大量に使っているため、普通のキャラメルに比べて口当たりがなめらかで、とろけるような柔らかさが特徴です。当初はノースプレインファーム札幌直営店の限定発売品でしたが、すぐに生産が追いつかないほどの人気商品になり、翌年3月にタレントの田中義剛氏が経営する花畑牧場が「生キャラメル」の発売すると、多くのメディアに取り上げられて大ヒット商品になりました。限定販売だったために直営店などでは開店前から行列ができるほどで、品薄状態が続いてニセ物騒ぎや大量販売を求める脅迫事件まで起こりました。現在は当時のような爆発的な人気は落ち着いたものの、「生キャラメル」はすっかり北海道土産の代表的なお菓子のひとつとして定着しています。

おすすめのレシピ

キャラメル大学ぽてと

井上 かなえ(てんきち母ちゃん)

171kcal / 20分
バターを効かせたキャラメルがたっぷり絡んだ、洋風の大学いも。さつまいもは弱火でじっくり揚げ焼きし、外はカリっと、中はほっくりに仕上げます。キャラメルは焦げやすいので手早く仕上げてくださいね。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。