覚えて損なし。白ワインには「白」の食材という万能ルール

うまくいけばお互いを引き立て合い、別々に味わうときよりも一層おいしくなる。料理とワインの組み合わせは、しばしば結婚(マリアージュ)に例えられます。ただし実際のマリアージュと同様に、組み合わせが無限大なだけに難しいのが悩みのたね。そこで今回はこれからの季節に飲みたくなる白ワインに絞って、料理との組み合わせの基本を紹介します。

9c92d171 2b89 4fc9 a156 d7b51f2048e3

白と白、色を合わせるとハズさない

まずは料理とワインの組み合わせを成功させるための最も簡単なコツは、同系色で合わせること。白ワインに合うのは「白い」食材、すなわち魚介や貝類、甲殻類、肉なら鶏肉です。いずれも共通しているのはナマの状態の身の部分が「白」であること。ヒラメ、スズキ、カレイといった白身魚はいうまでもなく、牡蠣、ホタテ、エビ、ムール貝、鶏肉、七面鳥なども「白」ですよね。

とくに、鶏肉料理の場合は、しっかりしたボディの赤ワインを合わせてしまうと鶏の繊細な旨味が覆い隠されてしまいます。濃い旨味を持つ赤身肉のステーキなら赤ワインと張り合えるのですが、鶏肉料理には白、もしくは赤なら軽やかなボディのものが定番、と覚えておきましょう。

あらゆるタイプのチーズとも好相性

「白と白」のルールはチーズにも応用されます。フレッシュチーズ、ハードタイプ、ソフトタイプ、ブルーチーズ、どんなタイプのチーズとも相性がいいのは赤やロゼよりも断然、白ワイン。チーズの旨味をかき消すことなく、口の中でバランスよく調和します。フェタやシェーヴルなどのフレッシュチーズには爽やかな白、ゴーダやグリュイエールなどハードタイプにはコクのある白、カマンベールなどソフトタイプには香り豊かな白、ブルーチーズには甘口の白など、一口に白ワインといってもさまざまですが、ひとまず白ワインなら大きく外すことはありません。

もちろん、調理の仕方などよっては赤や泡のほうがより合う「白い」食材も存在しますが、それはあくまで例外といっていいほどの少数派。ワイン初心者ならまずは「白ワインには白い食材」という簡単な基本ルールをおさえておきましょう。

参考文献:『ワインは楽しい!絵で読むワイン教本』 オフェリー・ネマン パイ インターナショナル

おすすめのレシピ

チーズリゾット

桝谷 周一郎

466kcal / 30分
本場のイタリア米を使った王道のリゾット。適度に芯が残ったアルデンテの食感を楽しんでください。日本米で作る場合はでんぷん質が出てしまうので、煮るときにあまり混ぜないのがコツです。
本格チーズフォンデュ

松本 浩之

426kcal / 10分
専用の容器があれば、家庭でも簡単に本格チーズフォンデュが楽しめます。チーズは数種類をミックスするのが秘訣。味に深みとコクが出て、最後まで飽きずにおいしく食べられます。具は好みのものでアレンジを。
ポテトとほうれん草のチーズオムレツ

亀田 保(かめきちパパ)

262kcal / 15分
スパニッシュ風の具沢山な丸いオムレツ。じゃがいも、ベーコン、チーズの定番具材をたっぷり入れ、期待を裏切らない美味しさです。生地は焼きながら厚みを均一に整えるのがポイント。食感がとてもよくなりますよ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。