生クリームが泡立つのは脂肪のおかげだった!

ケーキやムースを作るときに欠かせない生クリーム。この生クリームとは牛乳から乳脂肪分以外の成分を取り除いたものを指します。液状のクリームでは、乳脂肪は小さな球体になっています。通常、水分と脂肪は分離してしまいますが、クリームの場合は乳脂肪の球の表面を覆う細胞膜によって乳化されていて、乳脂肪分と水分が分離しません。この生クリームを泡立て器などを使って撹拌すると、クリームの中に空気が取り込まれていくと同時に乳脂肪の球の一部が破壊されて脂肪が出てきます。この脂肪がのりのような役目となり、乳脂肪の球と空気の泡をくっつけることで、生クリームは少しずつ粘度が高くなって、最後は角が立つほど固くなるのです。

Ac0a6452 4918 4ff1 a067 4809fc48b023

上手に泡立てるコツ1:しっかり冷やす!

生クリームを上手に泡立てるコツは、生クリームを冷蔵庫でしっかりと冷やし、泡立てるときもボウルの外側を氷水に当てるなどして冷却しながら撹拌することです。これは乳脂肪の球が壊れやすくするのを防ぐため。壊れた乳脂肪の球から出てきた脂肪は、前述したようにのりのような役目を果たして生クリームを泡立ててくれるのですが、温度が高いと乳脂肪の球が壊れやすくなり、結果として多くの脂肪が出てきて全体が油っぽくなり、キメも粗くなってボソボソとしてしまいます。

上手に泡立てるコツ2:仕上げたい固さで使い分ける!

以上のように生クリームの乳脂肪分は滑らかに泡を立てて、泡を固定させる働きがあります。ですから、ケーキのデコレーションなどにはある程度の固さが欲しいので乳脂肪42パーセント以上のものを使うほうがいいでしょう。口どけの軽さやはかない食感を味わうには、乳脂肪分がやや少なめの35パーセントぐらいのものがオススメ。それぞれ、生クリームをどのぐらいの固さに仕上げたいのか考えて使い分けるようにしましょう。

おすすめのレシピ

ハムと生クリームのなめらかムース

島田 哲也

192kcal / 60分
お肉のムースを、市販のロースハムで手軽に美味しく作ります。ハムの程よいコクと、生クリームのなめらかな舌触りが相性ぴったり。バゲットにはもちろん、野菜スティックのディップにするのもおすすめです。
フルーツロールケーキ

辻口 博啓

338kcal / 50分
ロールケーキブームの火付け役、辻口シェフが教えるとっておきのレシピ。卵をしっかり泡立てることでふわふわ&しっとりの口当たりに。生クリームは乳脂肪分の違う2種類を混ぜると、味にコクとキレが生まれます。
小倉&ホイップのデザートサンドイッチ

村山 瑛子

663kcal / 10分
生クリームと粒あんの定番小倉サンドを、村山さん流にアレンジ。香ばしく煎ったクルミの食感がアクセントです。今回はバナナを使いますが、いちごやマンゴーなど、水分の少ない果物でアレンジしてみてくださいね。
塩ホイップの一口パイ

林 幸子

441kcal / 20分
デザートのつもりで食べると、楽しい驚き!砂糖ではなく、塩味をきかせたおつまみパイです。パイシートはオーブンを使わず、フライパンで焼くので手軽。へらで押さえて薄く仕上げるのがサクサクになる秘訣です。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。