“順番”がポイント! 炒めものを上手に仕上げるコツ

家で野菜炒めやゴーヤチャンプルーなどの炒めものを作るとき、「どうせ炒めるんだから一緒でしょ」と材料を一気に全部入れてしまってはいけません。炒めものを上手に仕上げるためには材料をフライパンに入れる順番が大切です。

71a79dec 688c 4ec2 b6fe 9c482024c162

最初は香味野菜から

まず最初にフライパンに入れるのは、細かく切ったネギやショウガ、ニンニクといった香味野菜。これを低温の油でじっくり炒めることで、油に香りを移します。

材料は同じ大きさにカット

これができたところで炒める材料を入れていきます。このとき、材料の大きさはある程度揃えておくこともポイントです。大きさがバラバラだと火の通りが均一になりませんし、見た目もイマイチな仕上がりに。

肉→野菜の順

肉と野菜を炒めるとき、先に入れるのは肉。表面のタンパク質を熱して固まらせることで、うまみ成分が外に出ないようにします。

野菜は火の通りにくいものから

続いてニンジンやタマネギなど、火の通りにくい固い野菜を投入。それから青菜やニラ、キャベツといった柔らかくて火がすぐに通る野菜を入れていきます。野菜は先に入れると水分が出てきてしまうため、肉より後に入れることがポイントです。

肉と野菜をしっかり炒めたらお好みの調味料で味付けをし、強火で水気を飛ばせばできあがりです。ゴーヤチャンプルーのように卵を入れるときは、炒めた野菜から水分が出る前、仕上げのタイミングで入れましょう。熱で固まった卵が余分な水分を吸収し、全体がベチャッとなるのを防いで肉と野菜のうま味を包み込んでくれます。

ひと手間でもっと!おいしくするコツ

また、炒めものをより美味しくする一手間として、炒める前に野菜を下ゆでしたり、油通しをしたりするのもオススメ。余分な水分が抜けて炒め時間も短くなってシャッキリ仕上がります。肉は下味をつけたときに小麦粉や片栗粉をまぶしておくことでも炒めものを美味しくすることができます。この一手間によって全体的にかすかなトロミがついて調味料がすべての材料にうまく絡み合い、より豊かな味わいになるのです。

おすすめのレシピ

ボリューム野菜炒め

SHIORI

305kcal / 10分
野菜炒めに豚肉をプラスし、さらにオイスターソースを加えることで、ごはんがどんどん進むボリュームメニューになります。最後にごま油を回しかけるひと手間で、ぐっと風味がアップしますよ。
野菜のじっくり炒め

香山 中宣

325kcal / 15分
弱めの火でじっくり火を入れる野菜炒めです。強火で一気に火を通す調理法に比べて、素材の味がしっかり残るのがうれしい。焦げつく心配がなく、使う油も少なくてすむのでヘルシーです。
乾物入り野菜炒め

庄司 いずみ

156kcal / 10分
乾物が野菜の水分を吸うので野菜はしゃっきり、乾物はもどす手間なしにふっくら仕上がる野菜炒めです。炒める前に油に先に塩をなじませておくと、全体に塩が回って味にむらがなくなります。
豚バラと野菜のブラックペッパー炒め

村山 瑛子

425kcal / 15分
粗挽き黒こしょうをガツンときかせ、オイスターソースやナンプラーでエスニックに仕上げた炒め物。旨味たっぷりの豚バラと、しゃきしゃき野菜のバランスも美味。仕上げにレモンを搾るとさっぱりしますよ。
はちみつ味噌のみょうがそうめんチャンプルー

岸田 夕子(勇気凛りん)

478kcal / 15分
そうめんは、冷やして食べるだけではもったいない。たっぷりのみょうがとともに炒めるチャンプルーでどうぞ。味付けは、凜りんさんのオリジナル調味料「はちみつ味噌」と塩だけ。シンプルだけどくせになる一品です。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。