サラダ油の“サラダ”ってなんのこと!?

皆さんの家の台所にもおそらく「サラダ油」が置いてあるのではないでしょうか。日本の家庭でもっとも一般的に料理に使われているのが、この「サラダ油」でしょう。しかし、この「サラダ油」の「サラダ」とは何を意味しているのでしょうか。ごま油やオリーブオイル、グレープシードオイルや菜種油は、すべて油をとる素材がそのまま油の名前になっています。だからといってサラダ油が「サラダ料理」からとられた油なはずがありませんね。レタスやキャベツからは油はとれません。

2336c1f7 463e 4c11 b788 329c18f920db

日本独自のオイル「サラダ油」

この「サラダ油」は実は日本独自のオイルです。初めて登場したのは、1924年のこと。日清オイリオが「日清サラダ油」という商品を販売したことがサラダ油の起源となっています。欧米では当時からオイルに塩やコショウを加えたドレッシングにして生野菜サラダを食べていましたが、日本ではまだそのような食習慣はありませんでした。そこで、日清オイリオはそんな生野菜のサラダ料理に合う食用油を開発。精製度を高めて透明で冷やしても白濁しない良質の食用油に「サラダ油」という商品名をつけて売り出したのです。

名乗れるのはJAS規定に適ったものだけ

現在、日本では「サラダ油」の定義が日本農林規格(JAS)によって定めれており、菜種、綿実、大豆、ごま、ひまわり、とうもろこしなどを原材料にしたもので、低温下でも濁ったり固化したりせず、サラサラした状態を保つことができる油が「サラダ油」を名乗ることができます。

ちなみにせんべいやスナック菓子の「サラダ味」も野菜サラダの味はしませんね。あれは塩味です。このサラダ味の「サラダ」も「サラダ油」のことなのです。せんべいや菓子の生地を焼いた後、サラダ油を塗ってから塩を振っているので「サラダ味」と呼ばれるようになりました。このネーミングが使われるようになったのは、1960年代のこと。当時はサラダ油が高級品だったため、商品イメージを高めるために「塩味」ではなく、「サラダ味」としたそうです。

おすすめのレシピ

鶏と玉ねぎのから揚げ

亀山 泰子(かめ代)

409kcal / 30分
かめ代さんの家族も大好物のから揚げ。下味に、薄切りにした玉ねぎを混ぜ込むのがポイントです。玉ねぎの効果で肉がやわらかくなり、さらに揚げたときに玉ねぎの風味が加わって、やみつきになるおいしさです。
色とりどりのポテトチップス

工藤 敏之

352kcal / 20分
メークイン、金時いも、紫いもという3種類のいもを使ったカラフルなポテトチップス。見た目も華やかで、パーティーメニューにも喜ばれそう。スライスしたいもは、揚げる前にしっかり水にさらすことを忘れずに。
さといもの香味から揚げ

寺田 真二郎

188kcal / 20分
さといもを使ったから揚げは、にんにくをきかせたパンチのある味わい。外はカリカリ、中はホクホク、食感のコントラストも魅力です。皮付きのまま電子レンジで加熱すると、手で簡単に皮がむけるようになります。
アジア風青菜炒め

植松 良枝

137kcal / 15分
アジア風に仕上げる青菜炒め。味付けはシンプルですが、野菜を炒める前に下茹でするのがポイント。あとは強火で焼きつけるように炒めれば、シャキシャキの食感と青菜のさわやかな味わいが楽しめます。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。