「卵」と「玉子」はどちらが正しい!?

「たまご」を漢字で書くとき、「卵」と「玉子」のどちらの漢字を使っていますか? 「卵焼き」と「玉子焼き」、どちらかに違和感を覚えますか? 

8208bae8 f64f 4c46 aa01 e33160ce0e6f

ルーツは「卵」

もともと「たまご」を表す漢字は「卵」だけだったそうです。この漢字が日本で使われ始めたのは平安時代。現在と同じく鶏卵を意味する言葉でしたが、当時は「かひこ」と読んでいました。室町時代に入ると、鶏の飼育が急激に広まり、南蛮文化の影響もあって鶏卵を使った料理がよく作られるようになりました。やがて、丸い殻の中に子供が入っている鶏卵の形状から連想された「玉の子」から「玉子(たまご)」という呼び名と漢字が使われるようになり、江戸時代から「玉子」のほうが広く使われるようになっていきました。その一方、文字としての「卵」もそのまま残り、「たまご」はふたつの書き方が現在でも使われているのです。

使い分けはたまごの状態

その使い分けとして、孵化して育つことを前提とした「たまご」は「卵」と書くことが一般的になっています。また、魚や虫の「たまご」も「卵」と書きますね。一方、「玉子」は食材としての鶏卵を指すことが多くなっています。つまり、鳥や魚、虫などの「たまご」全般を指す言葉として「卵」があり、その中で料理に使われる鶏卵が「玉子」というように使い分けられているということです。

ただし、この使い分けが正しいというわけではなく、「ゆで卵」や「生卵」という書き方も一般的によく使われていますし、「卵焼き」という書き方が間違いというわけではありません。明確な基準があるわけではなく、鶏卵の場合は生のものを「卵」、料理されたものを「玉子」と表記することが多くなっているようです。

おすすめのレシピ

基本のだし巻き卵

きじま りゅうた

152kcal / 15分
だしのきいたジューシーなだし巻き卵は、ぜひマスターしたい一品。きじまさんのレシピなら、かつおだしの量が少なめなので、初心者でも失敗しません。きれいに巻くコツも分かりやすくご紹介!
ふわとろオムレツ

大宮 勝雄

168kcal / 5分
卵料理を制する者は洋食を制する!? シンプルながら本当に難しいオムレツ。いろいろなレシピがありますが、初心者はまずこの作り方を試してみて。切った時に卵液が流れ出る、とろっとろの半熟を召し上がれ。
焼き卵のピリ辛スープ

井桁 良樹

412kcal / 15分
寒い季節におすすめの体が温まるスープです。具の主役は、多めの油で香ばしく焼いた卵焼き。卵には水溶き片栗粉を加えて、もっちりとした食感に仕上げます。スープには干しえびを合わせて、コクと香りをアップ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。