ジャム、マーマレード、コンフィチュール――3つの違いって何?

果物と砂糖を一緒にトロトロになるまで煮込んだジャム。旧石器時代から人類は土器を使って果物とはちみつを煮て作ったジャムを食べていたとされています。さて、ジャムにはいろいろな種類がありますが、日本ではJAS(日本農林規格)によってジャムは「果実、野菜、花弁に砂糖などを加えてゼリー化するまで加熱したもの」としています。その中でもオレンジやグレープフルーツなどのかんきつ類の果物を原料にして、皮が入っているものを「マーマレード」として分類しています。しかし、もともと「マーマレード」という言葉はポルトガル語のmarmelada(マルメロの砂糖煮)を語源としており、ヨーロッパではかんきつ類を使ったジャムに限らず、果肉が多くて皮が入った濃いジャムのことを「マーマレード」と呼ぶことが多く、日本の区別とはちょっと異なっています。

B5b06680 6faf 4cfb a059 ce3c11e3d0ce

では、「コンフィチュール」とジャムはどのような違いがあるのでしょうか。これはフランス語で、ジャムと同じく果物と果肉を砂糖と一緒に煮込んだ保存食品ことを指します。つまり、英語かフランス語かという違いなのですね。ただ、「コンフィチュール」の場合はフランスの基準で糖度が55度以上のものとされていますが、日本のJASの基準は糖度40度以上となっており、厳密には同じものとはいえません。日本で「コンフィチュール」と銘打たれている商品の多くは複数の材料やスパイス、リキュールを組み合わせるなどして、独自の工夫をしたものになっていることが多いようです。

そのほか、日本のジャム類は「ジャム」と「マーマレード」のほかに「プレザーブスタイル」と「ゼリー」に分けられます。「プレザーブスタイル」とは、果物の形が残っているジャムのことを指し、「ゼリー」は果物の果汁と砂糖を固まるまで煮詰めたものを指しています。

おすすめのレシピ

いちごジャムのベイクドプリン

平井 一代

412kcal / 60分
ジャムを入れて作る、お手軽ベイクドプリン。混ぜて焼くだけのシンプルなレシピですが、湯せん焼きでじっくりと火を通すから、舌触りがとてもなめらか。ブルーベリーなどお好みのジャムでアレンジしてもOK。
まるごといちごジャム

李 映林

125kcal / 140分
いちごがごろっと入った手作りジャム。粒がそのまま残り、コンポートのようなごちそう感があります。パンやバニラアイスに添えたり、肉料理のアクセントにしても。市販のジャムとはひと味もふた味も違いますよ。
豚ヒレ肉のチーズマーマレード焼き

林 幸子

274kcal / 15分
チーズとマーマレードは意外な組み合わせですが、一度食べればやみつきになるおいしさ。チーズは、加熱するとよりおいしくなるグリュイエールがおすすめです。トースターで作れる手軽さも大きな魅力!

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。