豚肉をたっぷり食べて夏バテ防止! お手軽豚丼レシピ

牛丼に比べて調理も簡単でリーズナブルな豚肉。豚肉は夏バテ防止・疲労回復に効果があるビタミンB1が豊富なので夏場にはぴったり。アレンジしやすくてバリエーション豊かな豚丼はぜひ定番メニューに加えておきたい一品です。ここでは、そんな豚丼レシピをご紹介します。

8af2f247 fc66 4ec1 90d3 221e982d535d

シンプル&スタンダードな安定の味わい

わが家の豚丼

神田 智美(JUNA)

535kcal / 20分
JUNAさんのご家族も大絶賛!シンプルながらしみじみ美味しい、家庭の豚丼です。ポイントは、かつおと昆布で取っただしを使い、肉に旨味を閉じ込めること。紅しょうがを添え、つゆだくで召し上がれ!

あっという間に作れるお手軽レシピ。野菜や調味料をプラスするなど、いろいろと自分好みのアレンジもぜひ試してみましょう。

キムチと味噌を加えた甘辛テイスト

たっぷり野菜の甘辛豚キム丼

井上 かなえ(てんきち母ちゃん)

813kcal / 15分
サッと火を通したキャベツの上に、甘辛く炒めた豚キムチをのせたボリューム丼。キムチは炒めることで辛さがやわらぎ、うまみとコクもアップします。隠し味に味噌をなじませるのがポイント。

湯通ししたキャベツと炒めたキムチを乗せてボリュームたっぷりの豚丼です。隠し味の味噌が味に深みとコクを与えてくれて味わい豊かに。

スパイシーな豚肉をふわとろ玉子とミックス

ふわとろスパイシー豚たま丼

本田 よう一

525kcal / 15分
お店で食べるような“ふわとろ”な食感を、誰でも簡単に再現できます。ポイントは豚肉にまぶした小麦粉と、卵液を2回に分けて入れること。カレー粉のスパイシーな香りと味が食欲を刺激し、ごはんが進みます。

カレー粉と小麦粉をまぶした豚肉を玉子でとじた一品。卵液を2回に分けて入れることで、玉子の食感が“ふわとろ”に!

ご飯さえ炊いておけば、サクッと作ることができる豚丼は「今日はちょっと料理するのがめんどくさいな……」なんていうときにも重宝するメニュー。食材もリーズナブルな豚肉と冷蔵庫にある野菜だけでも美味しく作ることができるので、ぜひお試しを。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。