ダイエット効果大! 夏においしいヘルシー麦料理

麦、食べてますか? え、麦茶を飲んでる? もちろん夏といえば麦茶がおいしい季節ですが、麦に含まれる豊富な栄養成分を余すことなく摂取したいなら、やはりまるごと食べるのが正解。とくに胃腸の調子を崩しやすい夏には麦料理がおすすめです。麦にはダイエットに効く食物繊維が豊富なのはもちろん、腸の免疫力を高める効果も絶大。ヘルシーで栄養満点の麦を使ったレシピを紹介します。

0eebb823 2cea 4a8b 992f 12b7ace1e8dc

大麦のぷちぷち食感が主役級アクセント

和えるだけ!きゅうりと大麦のサラダ

北山 彩子

32kcal / 20分
大麦と、みずみずしいきゅうりを組み合わせた和えものです。大麦は、体の水分量を整えてくれる効果があると言われる優秀食材。ザーサイで和えるだけの超かんたんレシピですが、プチプチ食感がクセになりそう♪

ゆでた押し麦(蒸した大麦を押しつぶしたもの)をきゅうり、ザーサイと和えるだけなので超簡単!

押し麦&ぶなしめじで食物繊維たっぷり

夏バテに効く豚肉のソテーに、麦&しめじの食物繊維コンビを添えてヘルシーに。塩こしょうだけでシンプルに仕上げました。

腸活に効くβグルカンがこの一皿にたっぷり!

麦のファイバーリゾット

本田 祥子

307kcal / 25分
食物繊維をたっぷり含んでいる麦。どんな料理にしたらいいか悩む人も多いと思いますが、生米よりもぬめりが少ない麦はリゾットに最適です。キーワードは“18分”。少しずつお湯を加えながら炊いていきましょう。

食物繊維(βグルカン)が豊富な「もち麦」を使ったリゾット。ワンプレートで済ませたい日のごはんにもぴったり。

ぷちぷち食感を好むなら「大麦(押し麦)」を、もっちり食感のほうがいいなら「もち麦」がおすすめ。大麦は白米と比較すると食物繊維が17倍、カルシウムは3倍、カリウムは2倍も多く含まれています。一方、もち麦には胃酸の分泌を促進させ、内臓脂肪やコレストロールを減らす働きの他、大腸がん予防などのパワフルな健康効果があります。夏バテしやすい今の時期こそ、ヘルシーな麦料理を食べて元気を取り戻しましょう。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。