語源は「乱痴気騒ぎ」!? 灼熱の太陽が生み出すラムの美味しさ

ラムはサトウキビを原料とする蒸留酒です。その独特の豊かな風味はお酒として楽しまれるだけではなく、料理やデザートにもよく用いられ、この料理サプリでもいくつものレシピを紹介しています。

443e27cd 3e6f 4719 aeaf 5273ce87b848

発祥は灼熱の太陽が降り注ぐカリブの地

ラム発祥の地とされるのはカリブ海の島々。15世紀のコロンブスの新大陸発見と共にこの地にサトウキビがもたらされ、その生産が発展すると同時にラムは生まれました。砂糖を製造した後に残る糖蜜を発酵させて作るようになった酒がラムのルーツだったのです。現在でもカリブ海の西インド諸島周辺では、酒といえばラムおいてほかにありません。

酔っ払いの乱痴気騒ぎが語源になった!?

ラムという名称については諸説ありますが、定説とされているのが、この強烈な酒を初めて飲んだときの島民たちの反応からというものです。17世紀の植民地記録に「皆が酔っ払って“rumbullion(ランバリオン)”した」とあり、この「ランバリオン」とはイギリスの方言で「乱痴気騒ぎ」のこと。この言葉の頭が残って“rum(ラム)”という名前がつけられたということです。

暑い日にぴったりなラムベースのカクテル

ラムは常夏カリブ海の酒だけあって、ラムベースのカクテルは暑い日にぴったりで、パイナップルジュースやココナツミルクとまぜた「ピニャ・コラーダ」、ヘミングウェイが愛飲していたことで知られる「ダイキリ」、コーラで割った「キューバ・リブレ」、ブルーキュラソーを入れた爽やかな青色が涼しげな「ブルーハワイ」などがよく知られています。熱帯夜が続いて寝苦しいときなどは、こんなカクテルで暑気払いをしてみてはいかがでしょうか。もちろん、乱痴気騒ぎするほど飲んでしまわないように注意が必要ですが。

おすすめのレシピ

黒糖の琉球モヒート

藤井 香江

110kcal / 10分
沖縄の特産、黒糖を使ったモヒート。香ばしくコクのある黒糖はダークラムと相性が良く、濃厚な旨味が楽しめます。ミントをあしらって爽やかに仕上げているので、エスニック料理や沖縄料理のお供にも良さそう。
シークワーサーモヒート

大野 明衣子

59kcal / 5分
ライムとミントで作るモヒートを、沖縄風にシークワーサーで。独特の酸味が爽やかで、とっても飲みやすいですよ。今回はノンアルコールですが、ホワイトラムを加えても美味。暑い日に飲みたいカクテルです。
マンゴーとパインのピニャコラーダ風

大野 明衣子

134kcal / 5分
南国フルーツにココナツジュースを組み合わせたカクテル「ピニャコラーダ」。今回はフレッシュな果実感を楽しむ、ノンアルコールのレシピです。もちろん、ホワイトラムやココナッツリキュールを加えてもOK。
トロピカルマンゴーオレンジカクテル

仁藤 由希恵

91kcal / 10分
濃厚なマンゴーとバナナを、カシスリキュールのカクテルに。フレッシュマンゴーでも、冷凍でも手軽に美味しく作れますよ。リキュールはラムやシェリーなど、香りが良いお酒でアレンジしてもGOOD。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。