しゃっきりフレッシュ! おいしいグリーンサラダの秘訣は?

材料を切って、和えて、ドレッシングをかけるだけ。「レタスの葉っぱを混ぜるだけの、グリーンサラダくらいならレシピを見なくても何となく作れるけど」という人は多いのでは? ですが普段何気なく作っているものこそ、きちんと作るとおいしさは格段にアップするもの。次にご紹介する4つのグリーンサラダのポイント、あなたは守れていますか?

Cd60049b 7f13 4a17 988d ea719411f2cd

レタスは軽いものを選ぶ

冬場の白菜やキャベツなどの葉もの野菜は、ぎっしり葉が密集した重いものがいいといわれます。が、レタスに限っては逆。重いものより軽いものを選びましょう。レタスの魅力はあのシャキシャキした軽い歯ざわり。重くてぎっしり葉が詰まっているものは、育ちすぎているため葉が堅くなっています。切り口が大きいののも育ちすぎの証拠。手に持って軽いもの、きれいに丸くなっているもの、茎の切り口が500円玉くらいの大きさのレタスを選びましょう。

包丁でなく手でちぎる

レタスなどの葉もの野菜は、包丁で切ると細胞膜が分断され、食べたときの歯ざわりが悪くなってしまいます。また、時間が経つと切り口が茶色に変色して細胞内に含まれているビタミンも流出。シャキシャキ食感をいかし、栄養を逃さないためにも手でちぎりましょう。ただし、その前に水洗いするのもお忘れなく。

しっかり水切りして冷蔵庫へ

ここがレタスサラダの最重要ポイント! かじったときの歯ざわりがシャッキリ、パリッとみずみずしいサラダにするためには、余分な水分をしっかり切ることが大切です。キッチンペーパーなどで表面の水気を軽く拭くか、サラダスピナー(野菜水切り器)でしっかり水気を落としましょう。その後、冷蔵庫の野菜室で冷やしておくとさらに食感アップ!

ドレッシングは食べる直前に

ドレッシングは食べる直前にかけましょう。あらかじめドレッシングをかけて冷蔵庫で冷やしておくのはNG。レタスから水分が出てしまい、サラダ全体がびちゃびちゃになってしまいます。大きめのボウルに入れたレタスにドレッシングを適量かけ、ふんわり混ぜてか器に移せば完成!

どれもちょっとした手間ですが、これを丁寧にやるのとやらないのとではグリーンサラダの出来栄えは段違い。グリーンサラダがおいしくなるこれからの季節、ぜひ実践してみてくださいね。

おすすめのレシピ

オニオンドレッシングのグリーンサラダ

大野 明衣子

99kcal / 10分
野菜をたっぷり食べられるサラダです。ドレッシングに使うおろし玉ねぎは、レンジで加熱すると辛みがとんで甘みが出ます。ドレッシングは時間が経つと味がなじむので、たくさん作って常備しておくと便利ですよ。
はちみつドレッシングのグリーンサラダ

工藤 敏之

286kcal / 15分
はちみつとマスタードを使った甘酸っぱいドレッシングで、生野菜をたっぷり食べましょう。鮮やかなイエローがお皿に映えます。みじん切りのアンチョビとオリーブがいいアクセントに。
ハニーマスタードドレッシングのグリーンサラダ

きじま りゅうた

127kcal / 15分
いつものサラダも、下ごしらえにひと手間かけると味がぐんとアップ。はちみつと粒マスタードのドレッシングは、保存がきくのでたくさん作っておくと便利です。2種類の酸味を混ぜるのがおいしさの秘密。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。