実は栄養じゃなかった!? 「食べ物のカス」扱いされていた食物繊維

植物性食品に多く含まれる食物繊維。実はこの成分は食べても消化されにくく、小腸や大腸から吸収されずにそのまま排泄されてしまいます。そのため、かつて食物繊維は「食べ物のカス」とまで呼ばれ、まったく評価されていない成分でした。しかし、次第に食物繊維にはすぐれた働きがあることがわかってきました。

Eec0d65d 0de3 42eb 917c 5e8881656e43

生活習慣病予防やダイエットに効果あり!

食物繊維は腸で吸収されにくいのですが、それが逆に利点となり、便秘の予防・改善の効果があることがわかったのです。さらに糖の吸収を抑制する効果から、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防・改善にも役立つことが明らかになりました。そして、カロリーがほとんどないことも食物繊維の大きな特徴。カロリーを気にせずに食事のカサと噛む回数を増加させ、体内では水分を吸って膨張するので食欲が抑えられることができる食物繊維はダイエット食品にもぴったりなのです。

理想的な摂取量は1日20~25グラム

食物繊維の理想的な摂取量は1日20~25グラム程度とされています。ただ、ひとつの食品からこれだけの食物繊維をとるのは大変です。例えば、食物繊維が多く含まれていることで知られているゴボウでも2~3本食べないと25グラムの食物繊維をとることはできません。食物繊維を効率的に多くとるには、先に挙げたゴボウのほか、アボカドやブロッコリー、おそばやおから、モロヘイヤ、納豆、切り干し大根、きのこ類や海藻類など、食物繊維が多い食材を少量ずつでも多くの種類を食べるように心がけましょう。

おすすめのレシピ

きんぴらごぼう

河野 雅子

165kcal / 15分
ごぼうとにんじんをピーラーでささがきにする、簡単きんぴらごぼうです。仕上げの白いりごまは指先ですりつぶしながら加えると、いっそう香りがよくなります。
ヘルシー!まぐろのモロヘイヤソース

藤森 明子

150kcal / 10分
元気が欲しい時にはぜひ、モロヘイヤを食べましょう。ねばねば食感を生かしたペーストを、まぐろにたっぷりとかけます。まぐろのほか、かつおのお刺身や蒸し野菜、ごはんにたっぷりとかけても美味しい!
切り干し大根のレモンあえ

totto (黄川田としえ)

98kcal / 20分
煮物が定番の切り干し大根ですが、独特の歯ごたえを生かしてサラダにするのもおすすめ。彩りのいい野菜を組み合わせれば、おしゃれな一品の完成です。にんにく、しょうがの香りがきいていて、食べごたえも十分。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。