江戸時代は夏のスタミナ源! 味も栄養もうなぎに負けないドジョウ

ドジョウは漢字で「泥鰌」と書くことからわかるように、底が泥地の川や水田、湖沼に生息しています。その泥臭いイメージとちょっとグロテスクな見た目のために食わず嫌いの人も多いですが、ドジョウは昔から「ウナギ一匹、ドジョウ一匹」といわれるように小さな体のドジョウ1匹にはウナギ1匹と匹敵するぐらいの栄養価があるのです。そのため、ドジョウはウナギと同様に夏のスタミナ源として江戸時代から珍重されてきました。

Abb25e92 9253 4f52 b845 80766b50c66c

夏バテ防止にぴったりな熱々の柳川鍋

実際、ドジョウは鉄分、カルシウム、タンパク質、ビタミン類、ミネラルがバランスよく豊富にふくまれた健康食材。鉄分はほうれん草より多く、カルシウムはウナギの9倍、ビタミンB2は魚でトップクラス、さらに体の表面のヌルヌルには細胞の働きを活発にする成分が含まれていて、美容や老化防止にも効果があるといわれています。そんなドジョウの代表的な料理といえば「柳川鍋」。ドジョウをネギとゴボウと一緒に割り下で煮つけて卵とじにした熱い鍋は、疲労回復・夏バテ防止のために暑い夏にこそ食べたい一品なのです。ちなみに卵でとじていないものは「どぜう鍋」と呼ばれますが、これは江戸時代に浅草駒形の越後屋という店が発祥。やがて柳川という料亭がどぜう鍋を卵でとじることを考案したことから柳川鍋という命名がされたそうです。

ドジョウを買うときは「踊り子」を!

鮮魚店の店先で売られている生きたドジョウを買うときは、「踊り子」を買うようにしましょう。ドジョウは水面に口を出して空気を吸って水中に戻るという上下運動をする性質があり、その姿が踊っているように見えることに由来しており、美味しいドジョウ料理には元気な踊り子を選ぶことがポイントになります。また、大きいものは骨が硬く成長してしまっているので、6~8センチの小ぶりのものを選びましょう。

夏バテ予防!おすすめスタミナレシピ

レバニラ炒め

杵島 直美

348kcal / 20分
スタミナ料理の代表メニューです。レバーは血抜きしたあと、にんにくじょうゆで下味をつけると、独特の臭みが消えてうまみがアップします。レバーと野菜は別々に炒め、最後にたれと合わせるのも大切なポイント。
なすとたこのおつまみにんにく炒め

田口 成子

210kcal / 20分
たこのうまみににんにくの香りをきかせたおつまみ風の炒め物です。なすは塩をまぶして、水けをしぼってから炒めるのがコツ。油の吸い込みが少なくなり、火の通りも早くなりますよ。
うなぎのカツサンド

鈴木 好次

784kcal / 20分
うなぎのかば焼をサクっとフライにした、アイデアカツサンドです。高温の油を使うと焦げやすいので150~160度でじっくり揚げるのがポイント。市販のものに付いてくるタレも、ソースとして活用しましょう。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。