大豆の栄養が凝縮! 「豆乳」を使った夏にぴったりな特選レシピ

豆乳は一言でいってしまえば「大豆のジュース」。豆腐の製造過程で大豆をすりつぶして絞ったときに出る、牛乳とよく似た見た目の白い液体です。「畑のお肉」といわれる大豆の栄養成分をそのまま引き継いでいる豆乳には、植物性タンパク質にコレステロールがふくまれていない植物性脂質、腸内フローラを元気にしてくれる大豆オリゴ糖、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンなどが多く含まれています。単純にゴクゴク飲むだけで健康と美容に効果を期待できる豆乳は、もちろん、さまざまな形で料理にも活用することができます。ここでは、そんな豆乳を使った美味しくて健康的なレシピを紹介します。

Fac9fdb2 46fc 4a69 a527 b44d071094b5

普通のそうめんに飽きたらぜひ!

豆乳と味噌を合わせて、さっぱりとしていながらもコクのあるそうめん。豆乳の優しい味わいが暑い夏の日にぴったりです。

とうもろこしと豆乳の甘みがベストマッチ

トウモロコシと豆乳のふんわりスープ

高山 いさ己

173kcal / 20分
フレッシュなとうもろこしが出回る季節にはぜひ試してほしい、甘みたっぷりの冷製スープ。ハンドミキサーでホイップするようにふんわり泡立てることで、とっても口当たりの良い上品な前菜に仕上がりますよ。

とうもろこしが旬のこの時期にぜひ作ってほしい冷たいスープ。ハンドミキサーで泡立てたふんわりとした口当たり、とうもろしと豆乳の上品な甘みが楽しめる一品です。

最後の一滴まで飲みたくなるピリ辛豆乳スープ

豆乳担々麺

陳 建太郎

1186kcal / 20分
豆乳のやさしい風味がほっとする担々麺。最後のスープまで飲み干したい、滋味あふれる味です。紹興酒と甜麺醤で作る肉みそはごはんにかけたり蒸し野菜と一緒に食べたりとアレンジ自在なので、たくさん作っても。

たっぷり使った豆乳のなめらかで滋味あふれる味わいがクセになる美味しさの担々麺。スープの調味料を合わせる順番がポイントです。

「豆乳を飲むのは苦手」でも、豆乳料理はクセがないから大丈夫という人は多いようです。ここで紹介した夏にぴったりな豆乳レシピもぜひお試しください。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。