【美活レシピ】ハリツヤボディは「さんま」で作る!

今が旬の「さんま」。青魚には栄養がたっぷり含まれていることは何となく知っているけれど、具体的にどんないいことがあるの? 今回は、さんまの美容効果と、旬のうちに毎日でも食べたいおすすめレシピをご紹介します♪

6e0dca76 2fa6 498b 8de9 b3e1e14fe91f

こんなにすごかった!?さんまの美容効果

肌の免疫力を高める!ビタミン類

青魚に含まれるビタミンで、代表的なものはまず、皮膚や粘膜を丈夫にするビタミンA。細胞の代謝を活発にして、免疫機能を高め、ハリのある肌を作る働きを助けます。 そしてご存知、ビタミンE。ビタミンEは抗酸化作用が高く、アンチシジングに効果があると言われる栄養素。血流を改善し、赤ちゃんのような血色のいい肌を作る働きもあるんです♪

コラーゲンを増やす!鉄分

さんまの中でも、特に血合いや内臓に含まれると言われる鉄分。 鉄分は、コラーゲンの消化吸収を助け、肌に美容成分を届きやすくしてくれる働きがあるのだとか。 もちろん、血行促進効果も抜群!めぐりの良い、健康的な肌を作るためには欠かせない食材ですね。

サビない体を作る!良質なたんぱく質

女性らしく、魅力的なキレイを叶えるためには、ただ瘦せるだけじゃダメ。 肉や魚に含まれるたんぱく質は、丈夫な皮膚を作ったり、しなやかで美しい筋肉を鍛えるためには欠かせない栄養素。ダイエット中でもたっぷり摂りたいですね。 さんまに含まれるたんぱく質は、肌の新陳代謝と抗酸化作用を高める効果があるのだそう。まさに食べるアンチエイジングですね!

焼くだけじゃない!さんまの美活レシピ

87537151 5404 4188 87e5 88865ae8e2a2
さんまと梅ポテサラのオーブン焼き

中村 陽子

528kcal / 35分
梅風味のポテトサラダにさんまを巻いて、オーブンでこんがりと焼きます。皮はパリッと香ばしく、身はしっとりジューシーに。また、さんまのうまみがポテトサラダにしみ込んで、いっそうおいしくなりますよ。

梅風味のポテトサラダにさんまを巻いて、オーブンでこんがりと焼きます。皮はパリッと香ばしく、身はしっとりジューシーに。

さんま鍋

冬木 れい

490kcal / 30分
福島県いわき地方でよく食べられてきたという、さんまを使った鍋です。さんまは、お刺身も塩焼きもおいしいですが、汁仕立ての鍋は格別のおいしさ。さんまのシーズンに一度はやりたい鍋です。

お刺身も塩焼きもおいしいけれど、汁仕立ての鍋は格別のおいしさ!さんまのシーズンに一度は味わいたい美容鍋です。

さんまとねぎの焼き浸し ※冷蔵庫で3日ほど保存可能

オカズデザイン

350kcal / 20分
さんまが出回る時期に作っておきたい常備菜です。さんまを3~4時間陰干しすることで旨みがぐっと増します。冷蔵庫で3日ほど日持ちします。

さんまが出回る時期に作っておきたい、美容常備菜!さんまを3~4時間陰干しすることで旨みがぐっと増しますよ♪

さんまと大根おろしのスパゲティ

植竹 隆政

506kcal / 25分
和食でおなじみの組み合わせをイタリアンにアレンジ。大根おろしは軽く水けをきって加え、大根のやさしい甘さをソースに生かします。あさりはうまみ出しに使うので取り出しますが、具として食べてもOKです。

大根おろしは軽く水けをきって加え、大根のやさしい甘さをソースに生かします。あさりはうまみ出しに使うので取り出しますが、具として食べてもOKです。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。