バターとマーガリンの違いは材料? それとも製法?

バターとマーガリン、見た目はそっくりで、焼いたパンに塗って食べたら美味しいのはどちらも同じです。

D9bef9e4 fd37 4fb9 98f2 c5b90dbd827e

バターはその起源が定かではないほど古くからあり、紀元前2000年頃のインドの経典にも出てくるそうです。一方、マーガリンは1869年にフランスで生まれました。当時のフランスは隣国プロシアとの戦争でバター不足になり、イポリット・メージュ=ムーリエという化学者がバターの代用品として牛脂と牛乳を混ぜて冷やし固めたものを考案。これがマーガリンの始まりです。

バターの主原料は牛乳で脂肪分も牛乳に含まれる脂肪のみになっています。一方、多くのマーガリンは主原料にコーン油、大豆油、パーム油、なたね油、綿実油などの植物油を使っており、さらに乳製品やビタミン類、食塩などを加えて作ります。バターのような濃厚な風味はありませんが、あっさりした味わいで質感は柔らかめになっています。また、マーガリンの中でも、含まれる油脂が80パーセント未満のものは「ファットスプレッド」に分類されています。ファットスプレッドは油分が少なくて水分が多いのでカロリーが低く、柔らかくてパンにも塗りやすいことが特徴です。日本で「マーガリン」として売られているものの多くは実はこの「ファットスプレッド」です。近年はバター不足が続いていることもあり、「バター風マーガリン」を謳う商品も増えてきました。これはマーガリンにバターを混ぜ合わせたり、香料や粉乳を加えたりしてバターに近い風味を出したもので、バターに比べて価格も安くなっています。

バター、マーガリン、ファットスプレッド、バター風マーガリンには、それぞれの特長があります。用途に合わせて、その特徴がいきるように上手に利用しましょう。

おすすめのレシピ

炊くだけ!「赤いバターライス」

大宮 勝雄

388kcal / 40分
炊飯器でできる簡単バターライス。チキンライスやピラフを作る時、ライスを別仕込みすることで、余分な塩や調味料をカットし、優しい味わいになるんですよ。煮込みなどの付け合わせなどにも活用しましょう。
スパイシーじゃがバター

香取 薫

191kcal / 10分
ホクホクとした食感を楽しみたいじゃがバターを、ガラムマサラでスパイシーな味つけにアレンジ。電子レンジで加熱するだけなので、ちょっと小腹が空いたときやお酒のおつまみにもう一品というときに便利です。
バターチキンカレー

コウ ケンテツ

549kcal / 30分
スパイスとバターがこんなに合うなんて!やさしい味わいが「日本人の好みに一番合う」とも言われるバターチキンカレーです。お店で食べるのもおいしいけれど、この機会に、お手製のおいしさをマスターしませんか?
つまめるアサリバター

オイ (憲太)

92kcal / 10分
おつまみの大定番、アサリバター。とっても美味しいけれど、殻を外す手間が面倒だったりするものです。今回はそのままつまめる形に。煮汁も逃さずニラに吸わせ、旨味を余さず頂きましょう。白ワインや、日本酒にも。
鶏のガーリックバター炒め

村山 瑛子

439kcal / 10分
家にある食材でさっと作れるメインのおかず。鶏もも肉は焼き付けるように炒めることで、香ばしい風味を際立たせます。一緒に炒めるきのこは、しめじやまいたけ、マッシュルームなどでアレンジするのもおすすめ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。