魔を滅する! 節分に食べる大豆の栄養パワー

「福は内、鬼は外」の掛け声が聞こえる2月3日。節分に豆をまくのは日本独自の行事ですが、ところでなぜ節分に豆をまくのか、その由来を知っていますか?

A8bc0c5d 0d68 4282 a7f6 73d146faa23c

豆には霊力があると信じられていた

節分に豆をまく風習は、「魔(鬼)」の目に豆をぶつけて魔滅(まめつ)するため、という言い伝えがもとになっています。昔の人々は「豆」には霊力があると信じていました。炒った大豆(福豆)を升に入れて神前に供えた後、年男や年女、厄年の人、または一家の家長が「鬼は外、福は内」という口上を大声で叫びながら豆をまき、「鬼」に象徴される疫病や不幸などを家から打ち払う。そののち、福豆を自分の年齢の数だけ(あるいはプラス一粒)食べる。これが節分の決まりごとでした。豆をまくときの口上は地方によって異なり、また「鬼」の字が付く神社などでは「鬼は外」とはいわないところもあります。

「畑の肉」大豆は栄養バツグン

どんな土地でも生育できる丈夫な大豆は、古来から日本人にとっては主食の米と並ぶ重要な作物でした。豊富な植物性タンパク質と脂質から、「畑の肉」と呼ばれるほど。食物繊維、ビタミンB群、カリウム、カルシウムのほか、イソフラボン、大豆オリゴ糖、サポニンなどの有効成分もたっぷり含み、コレステロール低下や骨粗しょう症予防など多くの健康効果があります。

普段から納豆や味噌、きなこ、豆腐など加工品の形で口にする機会が多い大豆ですが、節分の今日は古来の作法に則って、炒った大豆をシンプルに食べて、大豆本来の素朴な滋味を味わってみては? ただし、くれぐれも喉に詰まらせないようお気をつけて。

おすすめのレシピ

鶏五目豆

亀山 泰子(かめ代)

252kcal / 90分
ホッとするやさしい味わいの鶏五目豆です。大豆のもどし汁には豆のうまみがたっぷりなので、そのまま煮汁に使います。根菜は煮る前にじっくり焼きつけるのがコツ。独特のクセが抜け、すっきりとした味になりますよ。
大豆とれんこんのごつごつ揚げ

青山 有紀

253kcal / 15分
すりおろしたれんこんと山いもを、スプーンでラフにすくって落とし揚げに。茹でた大豆を加えることで、食べごたえが出て見た目も楽しい一品になります。大豆のかわりに黒豆や枝豆を加えるのもおすすめ。
キャベツと大豆のマリネ

ワタナベ マキ

148kcal / 15分
キャベツと大豆を甘酢とオリーブオイルであえる、シンプルなマリネです。大豆は市販の茹で大豆を使ってもいいですが、できれば自分で茹でましょう。大豆の甘みが際立ち、しっかりとした歯ごたえも楽しめます。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。