甘いお菓子=悪じゃない! 子どもとおやつの上手なつきあい方

乳幼児のいる家庭では「虫歯になるから子どもはチョコレートは禁止」「体に悪いからスナック菓子厳禁」というところも少なくありません。確かに、子どもが大好きなチョコレート菓子やアイスクリーム、キャンディーなどのお菓子類は、虫歯の原因となるショ糖がたっぷり。また、市販のスナック菓子は味が濃いものが多く、カロリーも高いため、子どもはつい食べ過ぎてしまいがちです。その結果、肝心の食事を食べれなくなることも…。

A540ce82 1099 494e a514 4a581a38bd33

そうはいっても糖分は脳を活性化させ、カロリーは体を動かすために必要なものです。また、「幅広く味覚を体験させる」と考えれば、甘いお菓子やスナック菓子も、すべてはいい体験材料と捉えることができます。それに、まだ体が成長段階にある子どもにとっては、おやつ=補食です。成長期は体をつくるためにたくさんの種類の栄養素を必要としていますから、食事では摂りきれない分をおやつ=間食で「補う」という考え方は、決して間違いではないのです。子どものおやつは、食事の補助という位置づけで選んであげましょう。

自家製おやつで足りない栄養を補う

家庭で子どものおやつを作るなら、必要な栄養素も考えて、一手間加えるとより充実したものになります。たとえば、カルシウムが豊富な牛乳は単独で摂るよりも、ビタミンDと一緒に摂ると体内での吸収率がアップします。ビタミンDの多い卵やドライフルーツ、サツマイモなどを牛乳と組み合わせてケーキにすれば、栄養満点の自家製スイーツに。果物やはちみつの自然な甘さを、子どもの舌に徐々に覚えさせていきましょう。

また、野菜嫌いの子どもビタミンが不足しがち。ビタミンAやCが豊富なにんじんをオレンジジュースと組み合わせてゼリーにしたり、野菜とフルーツを組み合わせてスムージーにしたりすれば、発育に必要な栄養素を効率よく吸収できます。

毎日は難しくても、手作りのおやつは心の栄養。自家製おやつや果物のおいしさ、甘さを覚えてもらいながら、食べることの楽しさを教えていくのも親のつとめといえるでしょう。

参考文献:『おいしいスイーツの事典』成美堂出版 『子どもの身長を伸ばす栄養と食事』大泉出版

おすすめのレシピ

さつまいも豆乳蒸しパン

庄司 いずみ

185kcal / 30分
豆乳とはちみつを使った素朴な蒸しパン。お子さんのおやつにもぴったりです。フォークで粉を混ぜ合わせるので、粉ふるいがなくてもOK。さつまいものかわりに栗やかぼちゃを使ってもおいしく作れます。
濃厚!ごちそうバナナジュース

河内 杏子

155kcal / 15分
カフェでいただくような絶品バナナジュースをスティックミキサーで簡単に作ります。バニラアイスとヨーグルトを加え、コクと酸味を加えるのがポイントです。チャービルやミントをのせておしゃれに仕上げます。
おから豆乳ドーナツ

コウ 静子

338kcal / 30分
ヘルシーなおからをたっぷり使ったドーナツ。おから独特のふんわり、さっくりとした仕上がりはぜひ一度試してほしい食感。きび砂糖でやさしい甘さに仕上げています。ココアパウダーや抹茶でアレンジしても。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。