【鍋レシピ】冬の味覚・牡蠣は「味噌鍋」がおいしい!

ぷりぷりの牡蠣を鍋料理で食べるなら、うまみが濃くてコクが深い「味噌鍋」が一番! 牡蠣のうまみと味噌の香ばしさが奏でるハーモニーは、冬にしか味わえないあったかごちそうです。風味豊かな牡蠣のおいしさを堪能できる、味噌鍋レシピをご紹介します。

Cf950140 b22f 4bb7 84cb d235f6baddfa

ブレンド味噌と牡蠣のコクが合う!

牡蠣鍋

冬木 れい

309kcal / 20分
宮城県の冬の風物詩「牡蠣」を使った鍋。辛口で濃厚な旨味を特長とする「仙台味噌」と、甘めの「白味噌」をブレンドすることで、味に深みが出ます。強火で味噌の香ばしさを出しながら食べるのが美味しさのコツ。

牡蠣をメインに据え、辛口の仙台味噌と甘めの白味噌をブレンドした宮城名物の鍋。牡蠣の強い旨味を引き立ててくれます。

煮込むほどに旨味が増す広島郷土料理

牡蠣の土手鍋風

小林 まさみ

360kcal / 40分
「土手鍋」は、鍋の内側に味噌を塗りつけ、牡蠣、豆腐や野菜を煮ながら食べる広島県の郷土料理。煮込むほどに味噌が香ばしく煮詰まり、食べながら味の変化を楽しめます。みんなで囲んでアツアツを召し上がれ。

鍋の内側に味噌を塗りつけ、牡蠣、豆腐、野菜を煮ながら食べる広島名物。香ばしい味噌の風味がたまりません!

とろみのついた煮汁で体ホカホカ!

牡蠣の白みそほうとう鍋

ワタナベ マキ

780kcal / 30分
寒い時期にぴったりのほうとう鍋。煮溶けたかぼちゃでとろみがついた煮汁が、より温かさを演出します。ほうとう麺は下茹でなしで入れられて、加熱してものびにくいので、忙しい日のメニューにもおすすめ!

煮溶けたかぼちゃとほうとうでとろみをつけた、食べれば体が芯からあたたまる白味噌鍋。牡蠣は小麦粉をさっとまぶして加えるのがポイント。

味噌は数種類をブレンドすると、より深いコクのある風味に仕上がります。野菜類はセリ、ごぼう、春菊など香りの強い野菜が好相性。まだまだ厳しい寒さが続く冬の夜、家族や友人と牡蠣鍋を囲んで体をぽっかぽかに温めましょう!

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。