キンピラだけじゃない!ごぼう1本使い切りレシピ

独特の風味とポリポリとした食感が美味しいごぼう。食物繊維がたっぷりでぜひ毎日の献立に取り入れたい根菜ですが、「あまりごぼうのレパートリーがない」「きんぴらを作った後に余らせてしまう…」なんていう人も多いのでは? そこで、さまざまな調理で1本まるごと使い切りつつ、ごぼうのうまみがたっぷり味わえるレシピをご紹介。

2c3998c1 d904 4965 91dd 6b506648c19f

シャキシャキ食感が新鮮!

鶏とごぼうのジューシーつくね

青山 有紀

312kcal / 30分
人気のおかず、鶏つくね。ゆるめの生地なのでふんわり焼き上がり、冷めても固くなりません。残ったら、焼いてから冷凍しておくとお弁当に便利。キャベツやレタス、マヨネーズと合わせてパンにはさんでも。

鶏もものひき肉を使ったジューシーなつくねにシャキシャキのごぼうをプラス。じっくりと蒸し焼きにしてふっくらと焼き上がったつくねは、出来たてはもちろん、冷めても美味しいのでお弁当にもぴったりです。

さっぱりしてクセになる美味しさ

ねかせておいしい簡単酢ごぼう

nozomi

37kcal / 15分
ぽりぽりした食感がクセになるごぼうの副菜です。白だしのうまみに酢の酸味がきいていて、次々手がのびるおいしさですよ。ごぼうは熱いうちに調味料と和えると、中まで味がしっかりしみ込みます。

茹でたごぼうを調味料に漬けるだけ! 酢のさっぱりした味とポリポリの食感がクセになってついつい後を引く美味しさです。ごぼうが温かいうちに調味料に漬けることが中まで味を染み込ませるポイント。

キンピラががっつり主菜に

男のキンピラ

オイ (憲太)

239kcal / 30分
オイさんのお子さんも大好物という、豚肉たっぷりの男前なキンピラ。もちろんおつまみにも最適!ごぼうはラフに切って食感を残すのがポイント。にんにくはこれでもか!としっかり効かせ、がっつりいきましょう。

ごぼうのキンピラにたっぷりの豚肉とにんにくを加えてボリューム満点にしていただきます。にんにくの風味がしっかり効いた甘辛の味は子供から大人まで思わずご飯をおかわりしてしまうこと間違いなしです!

ごぼうの皮には栄養がたっぷり含まれているので、剥くのではなく、たわしなどで洗って汚れを落とす程度にしましょう。ごぼうは切ったらすぐに変色をし始めるので、すぐに水に入れるようにし、全体を洗ってザルにあげればアク抜きも完了です。あまり長時間、水につけてしまうとうまみ成分でもあるポリフェノールが抜けてしまうので要注意です。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。