大人から子どもまでみんな大好き「ポテトチップス」・・・実は客のクレームから生まれた!?

薄くスライスしたジャガイモを揚げたパリパリのポテトチップス。この誰からも愛されるスナックが誕生したのは1853年、アメリカ・ニューヨーク州サラトガスプリングにあったムーン・レイク・ハウスホテルのレストラン。当時、そのホテルには後に全米鉄道旅客公社「アムトラック」の基礎を築いて「鉄道王」と呼ばれたコーネリアス・ヴァンダービルトという人が宿泊していました。ヴァンダービルトはレストランでフライドポテトを注文したところ、その厚さが気に入らずに作り直させることにしました。レストランのシェフ、ジョージ・クラムは注文通りに薄く切ったフライドポテトを作りましたが、ヴァンダービルトは納得せず、何度も作り直しをするハメに。すっかりウンザリしてしまったクラムは、わがままな客を困らせてやろうと意地になり、ジャガイモを紙のように薄く切ってフォークで刺せないほどカリカリに揚げました。ところが、それを食べたヴァンダービルトは大喜び。他の客も同じものを次々と注文し、やげてこの料理は「サラトガチップ」という名物料理になったのです。こうして誕生したポテトチップスはすぐに全米に広がりました。

9812c4f2 81f8 4025 9624 a98b38cff3a8

日本には戦後になってから濱田音四郎氏という人物によってポテトチップスが伝えられました。濱田氏は戦前からハワイでポテトチップスの製造をしていましたが、終戦後に帰国してポテトチップスを製造・販売する「アメリカン・ポテトチップ」という会社を設立。当初、日本人はポテトチップスに見向きせず、濱田氏は米軍キャンプやビアホールを回って宣伝、営業を続けていきました。やがて口コミでポテトチップは評判になっていきましたが、濱田氏はポテトチップスの普及のために特許申請などはせず、逆に多くの人に製法を教えていきました。その結果、1960~1970年代にかけて多くの日本企業がポテトチップスの製造販売に参入し、ポテトチップスは大人から子供までに好かれるスナック菓子になったのです。

こうして濱田音四郎氏は「日本のポテトチップスの父」といわれるようになりました。彼が作った「フラ印(フラブランド)」のポテトチップスは、現在でも高級スーパーやデパートで販売されています。

おすすめのレシピ

色とりどりのポテトチップス

工藤 敏之

352kcal / 20分
メークイン、金時いも、紫いもという3種類のいもを使ったカラフルなポテトチップス。見た目も華やかで、パーティーメニューにも喜ばれそう。スライスしたいもは、揚げる前にしっかり水にさらすことを忘れずに。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。