【美活レシピ】むくみや頭痛。シャレにならない「二日酔い」を解消するスープレシピ

「週末に飲み過ぎた……」。。。 何度後悔してもやってしまう、二日酔い。 回復のコツは、まず水分を摂ること。体内のアルコールを薄めるとともに、利尿作用を促してくれるそうですよ。 今回は、飲みすぎた朝に食べたいスープレシピをご紹介。 ポイントは「塩分ひかえめ」「消化にいい」「カンタンに作れる」こと。 さっそく見ていきましょう!

35ef95d0 e84a 428a b7be 9df6e2614430

しょうがのポカポカ効果でデトックス!

ジンジャースープ

飯島 奈美

28kcal / 10分
しょうがとにんじんのせん切りがたっぷり。しょうがのエキスが染み出たスープに、にんじんのやさしい甘みがよく合います。仕上げに回しかける酢が味の決め手。体の中からポカポカする、しみじみ温かい一杯です。

乾燥わかめで作れる、本格韓国スープ♪

わかめとレタスの中華スープ

コウ 静子

101kcal / 10分
スープの具材として常備しておきたい、乾燥わかめ。うまみがぎゅっと詰まっているので、もどして加えるだけでいいだしが出るんです。今回はしょうがを効かせ、ピリっと大人の味わいに。体の中から温まりますよ。

卵とトマトのやさしい味わいが嬉しい

卵とトマトのスープ

五十嵐 美幸

81kcal / 15分
トマトと卵。中華の炒め物では定番の組み合わせですが、これがスープにも合うんです。トマトにはうまみ成分がたっぷり含まれているので、煮込み料理にも向いているんですよ。万能ねぎを加え、彩りも鮮やかに。

冷蔵庫の野菜でアレンジ可能。シンプルだけど体にしみる〜

野菜のコンソメスープ

飯島 奈美

39kcal / 15分
献立に一品あるとうれしい、あつあつスープ。特別な手順はないけれど、野菜のうまみが詰まったスープはやっぱりごちそう。シンプルな1品だからこそ、具材ごとにほどよく火が通るタイミングを見極めましょう。

春キャベツでも作りたい!優しい甘さのシンプルスープ

キャベツのスープ

ワタナベ マキ

31kcal / 10分
野菜は、煮込むことでとっても甘みが出ます。特に甘みのあるキャベツ、玉ねぎをたっぷり使い、野菜の持ち味が染み出たスープを作りましょう。シンプルなレシピですが、アツアツをいただくとしみじみおいしいですよ。

おわりに。基本は、飲みすぎないこと。

二日酔いの解消に役立ちそうな、野菜が中心のヘルシースープをご紹介しました。 新生活が始まる季節は、酒席の機会も多いですよね。 飲みすぎてしまったら試してほしいレシピですが、基本は「飲みすぎない」こと!(笑)。 美活のためにも、お酒は翌朝すっきり起きられるくらいにとどめておきましょう……!

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。