休日のアフタヌーンティーのおともに! 絶品スコーンレシピ

休日の午後。のんびりと家でお茶を楽しむときには、ちょっとしたおやつも欲しいところです。そこでぜひお試しいただきたいのが今回紹介する、イギリス発祥のスコーンです。アフタヌーンティーの文化があるイギリスでは、スコーンは“紅茶と一緒に楽しむためのお菓子”。紅茶とスコーンのハーモニーが織りなす優雅なひとときを自宅でゆっくり味わってください。

Bb3d1853 58f8 4399 bbf7 e941726030aa

まずは基本形! 王道レシピはこちら

スコーン

飯田 順子

270kcal / 70分
朝食にもおやつにもぴったり。外はカリカリ、中はしっとりの王道スコーンの作り方を紹介します。バターは冷蔵庫から出したばかりの冷たい状態で使うのがコツ。さらに、バターが溶けないように手早く作業しましょう。

外側はカリッと香ばしく、中はしっとりと柔らか。基本形となるシンプルで王道のスコーンレシピです。はちみつやジャム、メープルシロップ、生クリームなどお好みのものをたっぷりかけて楽しみましょう。

春のうららかな午後にぴったり!

ホットケーキミックスで! 桜のスコーン

仁藤 由希恵

363kcal / 30分
ホットケーキミックスで失敗なし!桜の塩漬けを入れた和風の味わいが嬉しいスコーン。生クリームに爽やかなマスカルポーネチーズを加えた「クロテッドクリーム」を添えて召し上がれ。日本茶にも合いそうです。

桜の塩漬けを加えた季節感のあるスコーンです。ホットケーキミックスを使うのでお手軽かつ失敗なし! 生クリームとマスカルポーネチーズをミックスする「クロテッドクリーム」と合わせてどうぞ。

低カロリーのヘルシーレシピ

豆腐スコーン

本田 祥子

410kcal / 60分
高カロリーになりがちなスコーンを、バターの代わりにココナッツオイルを使うほか、豆腐でかさましすることでヘルシーに。ココナッツオイルは常温だと溶けてしまうので、冷蔵庫から出したてを使いましょう。

「スコーンは好きだけど、カロリーが気になって……」なんて人にオススメ! バターの代わりにココナッツオイルを使い、低カロリーの豆腐でかさ増しをしたヘルシーレシピです。もちろん味もばっちり!

冷めてしまったスコーンはオーブントースターで温め直せばまた美味しく食べられます。アフタヌーンティーで余ったスコーンを翌日の朝食にするのもいいですね。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。