本日12月20日にぜひ! 今が旬の寒ブリ

12月20日は「ブリ」の日ということを知っていましたか? ブリは漢字で魚へんに師で「鰤」と書き、「師走」の時期に旬を迎えること、そして「2(ぶ)0(り)」という語呂合わせから、12月20日はブリの日になっているのです。「0」を「り」にするのはちょっと無理があるような気もしますが、この時期の脂が乗ったブリが大変に美味しいことには間違いありません。その名前の由来も江戸時代に貝原益軒がまとめた『日本釈名』に「あぶら多き魚なり。あぶらの上を略す」とあることから、「アブラ」「ブラ」「ブリ」と転じたものと考えられています。

Ff10bba5 9e0a 4281 b05a 7113920866e6

ブリは成長によって名前が変わることから、縁起のいい「出世魚」「祝儀魚」として古くから伝統行事に使われてきました。その名前の変化は関東だと、「ワカシ」(10~20cm未満)、「イナダ」(20~30cm)、「ワラサ」(40~60cm)、「ブリ」(70cm以上)となり、関西だと関東と同じく大きさによって「ツバス」、「ハマチ」、「メジロ」、「ブリ」というように地域によって異なっています。ちなみに養殖ものは大きさに関わらず、「ハマチ」と呼んでいます。そして、そんな中で一番美味しいとされるのは、旬の冬に穫れる大きさ1m前後まで育った「寒ブリ」です。石川県能登、富山県氷見、神奈川県相模湾で穫れるものはとくに有名で、石川県の加賀前田家では初代前田利家の時代からお歳暮に正月魚として寒ブリを贈る習慣があったそうです。

ブリは美味しいだけでなく、タンパク質やIPA、DHAなどのほかにビタミンDやコラーゲン、タウリンなどが豊富に含まれています。刺し身はもちろん、塩焼きも照り焼き、しゃぶしゃぶやセビーチェなど、さまざまな料理に使われ、アラを使ったブリ大根も絶品です。この旬の時期、脂の乗った美味しいブリを食べることを忘れずに!

おすすめのレシピ

ぶり大根

笠原 将弘

328kcal / 80分
脂ののったぶりのうまみを、やわらかく煮た大根がたっぷり吸ったぶり大根。おいしく作るために、大根はしっかり下茹でを。ぶりの切り身は霜降りをして臭みをとって。完成してから一度冷ますと、おいしさが増します。
ぶりの照り焼き

ワタナベ マキ

149kcal / 20分
脂ののったぶりを甘辛い照り焼きに。焼く前に、たれに浸けておくひと手間で、中までしっかり味が入ります。蓋をして蒸し焼きにすると、冷めてもパサつかずふっくら感が続きますよ。
ブリしゃぶ鍋

冬木 れい

370kcal / 15分
富山県氷見の冬の味覚「寒ブリ」のおいしさを鍋仕立てにしました。野菜もたっぷり入れます。手作りポン酢でいただきます。
ブリの煮付け

野永 喜三夫

344kcal / 30分
脂ののったブリを美味しく仕上げるコツをご紹介します。まず、最初に湯引きをして臭みをきちんと取ること。合わせ調味料はあらかじめ合わせ、ブリとごぼうを入れてから火を通しましょう。ぜひ覚えてくださいね。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。