【つけおきレシピ】毎日のバタバタ時間を短縮!『つけおき』食材で時短上手テクニック!①

時間は万人に等しく1日24時間しかない。そう分かっていても毎日バタバタしてしまいがち。お家でゆっくりおいしい料理が食べたいけど、調理にかけられる時間は少ない。そんな方こそ試してほしいのが『つけおき』調理時短法!!前日に翌日分の食材をつけおきすれば、当日の調理時間をぐっと短縮しながら、しっかり味の染みたおいしい料理が食べられるんです。初回は、スパイスの香りがたまらない『タンドリーチキン』をご紹介します♪

B2f7ea5a d12b 40e4 9522 fcb1f30088cd

1晩つけおき!しっとりジューシー肉に仕上がる、タンドリーチキンの作り方

材料

ししとう・・・適量

レモン・・・適量

鶏もも骨付き肉・・・3 本

紫玉ねぎ・・・適量

[A]レモン汁・・・・大さじ 2

[A]おろしにんにく・・・・1 片分

[A]おろししょうが・・・・1 片分

[A]塩・・・・少々

[A]こしょう・・・・少々

[B]ヨーグルト・・・・1と1/2 カップ

[B]トマトペースト・・・・大さじ 1

[B]塩・・・・小さじ 1と1/2

[B]ターメリック・・・・小さじ 2

[B]ガラムマサラ・・・・大さじ 1

[B]パプリカパウダー・・・・大さじ 2

[B]クミンパウダー・・・・大さじ 1

[B]コリアンダーパウダー・・・・大さじ 1

[B]レッドペッパー・・・・少々

作り方

1)【下準備】Bのヨーグルトは、厚手のキッチンペーパーを敷いたざるの上にのせ、20分ほど水切りする。

2)鶏肉はキッチンばさみで皮を外し、骨の周りに切り込みを入れる。両面全体にフォークで穴をあける。

3)ボウルにAを混ぜ合わせ、2を入れてよくもみ込む。鶏肉をいったんバットなどに取り出し、ボウルにBを加えて手で混ぜる。鶏肉を戻し入れ、手でなじませるようにしてもみ込む。

4)チャック式のビニール袋に3を移して口を閉じ、冷蔵庫でひと晩以上漬け込む(このまま3~4日は保存可能)。

\ここまでを前日に!/

5)オーブン用の天板にクッキングシートを敷き、4の鶏肉を袋から出して並べ、袋に残ったたれを上からかける。220~230度に予熱したオーブンで、こんがりと焼き色がつくまで25~30分焼く。器に盛り、好みで生のししとう、レモン、紫たまねぎを添える。

タンドリーチキン

植松 良枝

564kcal / 55分
北インドの代表的な料理、タンドリーチキンです。たっぷりのヨーグルトとスパイスに浸け込むことで、肉がしっとりジューシーになり、後を引くおいしさに。ダイナミックでごちそう感のある一皿です。

おわりに

いかがでしたか?前日までに作っておけばオーブンで30分程度焼くだけ♪忙しく帰ってきた日もさっとおいしい料理が作れますよ!ぜひ試してみてくださいね!

リンク先が表示されない方、おいしさのポイントや作り方をより詳しく知りたい方は、レシピ動画が無料で見られる【ゼクシィキッチン】で検索してチェックしよう!(https://zexy-kitchen.net/)

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。