生食用と加工用!? 果肉が白い桃と黄色い桃の違い

桃の種類は果肉が白い白桃と黄桃のふたつに分けられます。生食する桃の多くが白桃で、缶詰などに加工される桃の多くが黄桃なので、白桃=生食用、黄桃=加工用と思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

2a908f6a d1f6 4b0a b193 229d964ecc7d

白桃と黄桃では品種が異なり、果肉の色以外にもさまざまな違いがあります。白桃は果汁が多く含まれて果肉が柔らかく、ジューシーな味わいが楽しめます。一方、黄桃の果肉は硬めで、熟しても歯ごたえが良くて、甘みも白桃ほど強くはありません。そのために、白桃は生食用にされ、黄桃は加工用で缶詰にされることが多くなっているのです。

日本では桃というとほとんどの場合は白桃のことですが、海外では黄桃のほうがよく食べられています。もともと日本の白桃は明治時代に中国からもたらされた白桃の系統である「上海水密」を改良して生まれたものです。一方、缶詰に加工される黄桃の多くは日本の白桃とアメリカの黄桃をかけ合わせて作ったもの。近年では黄桃でも「黄金桃」や「ゴールデンピーチ」といった果肉が柔らかくて甘い品種も登場して人気を集めています。

桃の旬は夏。しっかり冷やして食べると甘みが際立ってより美味しくなりますが、保存するときは冷蔵庫に入れっぱなししてしまうと、味と香りが損なわれることがあります。冷蔵庫には食べる2~3時間前に入れるようにしましょう。

おすすめのレシピ

桃とソルダムのスープ仕立て

斉藤 美穂

158kcal / 10分
すももの一種、ソルダムは夏の限られた時期だけ手に入るフルーツです。シャキシャキとした食感と鮮やかな赤色の果肉を生かし、桃と合わせてスープ風のデザートに仕立てました。おもてなしにもおすすめです。
桃のスパークリングカクテル

大野 明衣子

70kcal / 30分
ピンク色のジュレが華やかな桃のカクテル。フルートグラスに注ぐとグラデーションがとってもきれいです。ジュースはシャンパンやシードルでアレンジしても。おうち女子会のウエルカムドリンクにおすすめですよ。
ノンアルコールのホットサングリア

大野 明衣子

116kcal / 15分
ぶどうジュースで作る、ノンアルコールのサングリアです。果物は皮ごと使って香りを引き立てるのがコツ。ジュースをワインに変えると、本格的なサングリアができますよ。果物はお好みでレモンやベリーを加えても。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。