「シュークリーム」と呼んでいるのは日本人だけ?

シュー皮とカスタードクリームのシンプルな組み合わせで愛される洋菓子の定番、シュークリーム。ところで実はこのシュークリーム、フランスでもアメリカでも通じない日本だけの呼び名ということは知っていましたか?

3779bd13 5904 4827 a4d7 0da2b06a9735

「クリーム」は英語ですが、「シュー」とはフランス語でキャベツの意。膨らんだ形がキャベツに似ていることからそう呼ばれるようになりました。つまりシュークリームはフランス語+英語を独自に組み合わせた日本だけで使われている和製語だということ。私たちがシュークリームと呼んでいるあのお菓子は、フランス語では「シュー・ア・ラ・クレーム」、英語では「クリーム・パフ」といいます。

なぜシュー皮の生地は膨らむのか?

シュー皮は焼き上がると中に大きな“空洞”ができる、他の菓子とはちょっと違う生地です。ゴム風船のようなふんわりした膨らみは、どうやって生まれるのでしょう? シュー皮を作るときは鍋に水とバターを入れ、沸騰させたところに小麦粉を混ぜます。そうすることで小麦粉に熱が入り、糊状になります。これが第一段階。さらにそこへ卵を加えると、粘りのあるルー状の生地ができあがります。このねっとりした生地をオーブンで加熱すると、生地に含まれていた水分が熱で蒸発して外へ出ていこうとする力で生地が押し広げられ、ふんわりと膨らむというわけ。これがシュー皮にできる“空洞”の秘密です。

幕末の日本に伝来したシュークリーム

日本にシュークリームが伝わったのは意外と早く、幕末の頃。横浜に西洋菓子店を開いたフランス人のパティシエが作ったのが最初だといわれています。ただ、そこから庶民にも食べられるようになったのは、昭和30年を過ぎた頃から。なぜそんなにもブランクがあったのでしょう? それはシュークリームが他の焼き菓子と違って、要冷蔵のお菓子だったから。冷蔵庫が一般家庭に普及するようになってようやくシュークリームも市民権を得るようになったのです。(TEXT:料理サプリ編集部)

参考文献:『お菓子の由来物語』 猫井登 幻冬舎ルネッサンス/『おいしいスイーツの事典』成美堂出版

おすすめのレシピ

レンジで2分!カスタードのトライフル

村山 瑛子

497kcal / 15分
ダマになったり固くなったり、難しそうなカスタードクリーム。この方法なら失敗なし!レンジで2分で完成です。今回はホイップクリーム、季節のフルーツと組み合わせ、華やかな一皿「トライフル」で召し上がれ。
ドライマンゴーとカスタードのスイーツ餃子

茂手木 章

638kcal / 80分
餃子をスイーツにアレンジしました。カスタードクリームの甘さとマンゴーの酸味が絶妙。パリパリとした皮はミルフィールのような食感です。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。