「和えもの」を放っておくと美味しくなくなるのはなぜ!?

下ごしらえをした野菜や魚介類に和え衣を絡ませる「和えもの」。主に副菜として位置づけられる和えものは、基本的に食材そのものも味や香り、特徴を活かす料理です。和えものを美味しく食べるコツはなんといっても食べる直前に和えて、出来上がったものをすぐ食べること。材料を和えたまま放っておくと、和えものの味はどんどん落ちてしまいます。その理由は時間が経つにつれて、和え衣の水分が食材に浸透し、逆に食材からは水分が外に引き出されていくからです。和え衣の味は薄くなり、食材は歯ざわりがなくなってベショベショに。これでは美味しくなくなって当然です。

3bd40542 8ec2 4607 9a2c a95127ddbc22

和えものを美味しく食べるには食べる直前に和えるのが一番のコツですが、食材の水分を出さないように下ごしらえをちゃんとやることもポイントです。味がまったくついていない生のままだと和え衣の塩分がすぐに食材の水分を引き出して水っぽくなってしまいます。そうならないように食材には事前に塩を振ったり、加熱をして水分が出ないようにしましょう。また、食材と和え衣は両方とも下調理の後、温度が下がってから和えることもコツのひとつ。こうしたひと工夫で食材の内部には和え衣の水分が浸透せず、表面全体をむらなく和え衣が覆ってて美味しく仕上がるようになります。

ちなみに野菜サラダのドレッシングなども和えものと同じように先に食材に絡めてしまうと、時間が経つにつれて野菜の水分が抜けてベショベショになってしまいます。和えものと同じように食べる直前にかけて食べるようにしましょう。

おすすめのレシピ

和食屋の絶品みそマヨ和え

野永 喜三夫

425kcal / 15分
みそ&マヨネーズのシンプルな和え物を、和食屋の一品に。具材は下茹ですることで食感がまとまり、ソースとの絡みも良くなります。柚子胡椒やキムチの素でアクセントを付けてもおいしいですよ。
せりと大根の梅肉和え

舘野 雄二

27kcal / 10分
香味を味わうせりと、シャキシャキ食感が楽しい大根を組み合わせ、梅肉ソースでさっぱりと。ポイントは、せりは茹でたら陸上げにし、水にさらさないこと。大根は皮ごと頂くことで、素材の旨味を余さず味わえます。
切り干し大根の梅マヨ和え

柚木 さとみ

39kcal / 20分
梅とマヨネーズの風味が食欲をそそる一品です。切り干し大根は煮込まず、戻したあとお湯にくぐらせるだけでつくるのでシャキシャキとした食感が楽しめます。お好みでツナ缶や帆立缶を加えてもおいしくいただけます。
ほうれん草のカルシウムたっぷり和え

本田 祥子

52kcal / 10分
ほうれん草を生のままおいしく食べるには、えぐみを消してくれるカルシウムの多い食材と合わせるのがコツ。かつおぶしや粉チーズ、すりごまと一緒に和えると水分も出にくいので、お弁当のおかずとしても最適です。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。