酒好きを上戸(じょうご)、飲めない人を下戸(げこ)という理由

このふたつの言葉の歴史は古く、平安時代から使われていたそうです。当時の律令制では、家族の構成や資産によって階級分けがされており、働き手が多く納税額も多い家は「上戸」と呼ばれ、その下が「中戸」、もっとも納税額の少ない家が「下戸」と呼ばれていました。そして、婚礼などで出せる酒の量もこの階級によって決められており、上戸の家では8かめ、下戸の家なら2かめとなっていたそうです。このことから、酒をたくさん飲める人のことを「上戸」、飲めない人のことを「下戸」と呼ぶようになったのだとか。

6b8deca7 bfee 4727 89cf 0948047cc6bf

また、「上戸」「下戸」の語源には中国発祥説もあります。時代は秦の始皇帝の時代までさかのぼります。始皇帝が築いた万里の長城を守る兵士には、寒さが厳しい山上の門「上戸」を守る者と寒くない平地の門「下戸」を守る者がいました。そして、上戸を守る兵には体を温めて寒さをしのげるように酒を配り、下戸を守る兵には疲れを癒やすための甘いものを配っていたのです。中国発祥説は、この話から「上戸」と「下戸」が酒の飲める飲めないを表すようになったというものです。

どちらが語源として正しいのかは不明ですが、今ではすっかり日常語として定着しており、「笑い上戸」「泣き上戸」といった派生語もよく使われています。そんな言葉の由来が、そんなに大昔にあったと思うと少し意外な気がしますね。

ちなみに体質的にまったく酒を受け付けない「下戸遺伝子」を持っている人がいるのは、人種的に日本人や中国人などのモンゴロイドだけなんだとか。そして日本の東北・九州地方はこの下戸遺伝子を持つ人が少ないという研究結果もあります。東北と九州の人は酒が強いというイメージは、あながち科学的根拠がないわけでもなさそうですね。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

あさりの酒蒸し 青じその香り

笠原 将弘

47kcal / 15分
あさりが主役のお料理なので、砂抜きはていねいに。蒸し焼きにするときは、水もたっぷり加えてあさりのおいしいだしを楽しみましょう。最後に青じそを加えてすっきりと。
しめじとねぎの酒炒り

笹岡 隆次

135kcal / 10分
手軽に作れる便利な副菜です。シンプルなのに深い味わいに仕上がるのは、酒をたっぷり使うから。強めの火でしっかり炒りつけてアルコール分をとばし、酒のうまみと甘みを素材に移します。おつまみにもぴったり。
しらたきの明太あえ

杵島 直美

33kcal / 10分
2つの素材で作れる手軽な一品です。しらたきは酒で炒ることで、独特のクセがなくなり、口当たりもしっとり仕上がります。明太子はざるで裏ごしするときれいにほぐれます。日本酒や焼酎のおつまみにもぴったり。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。