餃子をパリッと香ばしく焼くコツは「並べたらすぐに水」

家で餃子を焼くと中華料理屋の餃子みたいに皮がうまくパリパリに焼けない……という人も多いのではないでしょうか。うまく焼けないとき、その原因の多くは餃子を焼く手順の勘違いにあります。餃子を焼くときの手順としてよく紹介されているのは次の方法です。「フライパンに油を引いて餃子を並び入れ、焼き色をしっかりつけてから水を注いで蒸し焼きし、最後に蓋を取って水気を飛ばす」。しかし、皮はパリッと香ばしく、中はしっかり火が通ってジューシーという美味しい餃子を仕上げるためには、「餃子を並べたらすぐに水を注ぐ」ほうがほうがいいのです。では、その焼き方の手順を紹介します。

58f527ee f669 450c aefd ffcc93064dfd

【1】フライパンに油を引き、温めてから餃子を並べます。焼き上がると多少ふくらむので、隙間を少し空けましょう。

【2】すぐにお湯または水を注ぎ入れます。量は餃子の高さの3分の1程度。蓋をして強火で加熱します。

【3】水分がなくなるまで蒸し焼きにしたら蓋を取り、少量の油を回しかけて中火にして焼き色をつけて出来上がり。

冷凍の餃子を焼くときの手順もまったく同じで構いません。この焼き方なら生焼けになることも焦がしてしまうこともなく、皮がパリッと美味しい焼き餃子ができるはずです。

続いて、水餃子をツルッと美味しく茹でるコツをご紹介。ポイントはさし水をしながら茹でることです。沸騰した湯に餃子を入れると沸騰がおさまりますが、しばらくするとまた沸騰し始めます。このときすぐに少量の冷たい水を入れましょう。このさし水を二度ぐらいすることで湯の温度が下がり、餃子の中心までしっかり火を通すと同時に皮にコシが生まれるのです。また、水餃子は皮が破れやすいので茹でている最中に箸などであまりかき回さず、たっぷりの熱湯の対流で自然に泳ぐように茹でましょう。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

皮から手作り焼き餃子

譚 澤明

416kcal / 90分
皮から手作りするとおいしさ倍増!中身のあんもジューシーでうまみたっぷり。プロのテクニックが満載の必見焼き餃子レシピです。手作りの皮は火が通りにくいので、最初に多めのお湯で蒸し焼きにするのがコツ。
家庭の焼き餃子

杵島 直美

272kcal / 25分
家庭で作りやすい基本の焼き餃子です。白菜は生のまま入れると、水が出て餃子の味がぼやけてしまうので、茹でてから使いましょう。ニラは塩もみして加えることで、独特の香りがやわらぎすっきりした味になります。
ジューシー肉汁餃子

栗原 心平

582kcal / 25分
コンセプトは、男子が喜ぶ餃子。噛むとジューシーな肉汁が口いっぱいに広がり、いくつでも食べられそうなおいしさです。焼くときに餃子の底に片栗粉をまぶすひと手間で、香ばしい羽付き餃子になりますよ。
皮から手作り水餃子

譚 澤明

308kcal / 90分
手作りの皮で包んだ水餃子は、もちもちとした歯ごたえでいくつでも食べられそう。ちょっと手間はかかりますが、みんなで楽しみながら作ってみてください。黒酢を使ったピリ辛のたれを添えて召し上がれ。
スパイス水餃子

柚木 さとみ

390kcal / 30分
五香粉の風味が効いた、スパイシーな水餃子。肉だねは、ひき肉にばら肉のたたきを加えるのがポイント。ジューシーな肉汁たっぷりの仕上がりになりますよ。同じレシピで焼きぎょうざにしてもOK。お好みでどうぞ。
エビとしいたけのほうれん草水餃子

茂手木 章

359kcal / 120分
エビのぷりぷりした食感と、しいたけのうま味がきいた水餃子。+皮にほうれん草のジュースを加えることで、綺麗なヒスイ色の皮に仕上げます。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。