あられ、おかき、せんべい、そういえばどこが違う?

噛んだときのパリッ、ガリッという小気味よい音、ふわっとこうばしい香り、そしてどこか懐かしいほっとする味わい。庶民の古き良きおやつとして、実は長い歴史を持つせんべい、おかき、あられ。ところでこの3つ、米が原料なことは知っていても、どこがどう違うのかまでは意外と知らない人が多いのでは?

Dde5ecb8 6e4f 4b4e b7d1 ad977c0dd96c

残り飯リメイクで誕生した「せんべい」

せんべい(煎餅)が今の形となり、全国区に広がっていったのは江戸時代中期といわれています。もともとは農家の人が残りご飯を煎って蒸し、塩を混ぜてのばして天日干しにしたものを、炭火で焼いておやつに食べていたのが始まり。私たちが普段食べている普通の米、つまり「うるち米」から作るのがせんべいです。

当初は農家の間食として生まれたせんべいでしたが、携帯できる手軽さや保存性から、江戸時代には旅人向けの商品として売り出され、全国各地に広がっていき、やがて醤油味などのバリエーションが増えていったといわれています。

もち米をアレンジした「あられ」「おかき」

一方、うるち米から作るせんべいとは違って、もち米から作るのが「あられ」や「おかき」です。この2つを分けるのは、実は形の違いだけ。粒状の小さなものがあられ、それよりも大きなサイズがおかきと区分されています。

あられは奈良時代、農民が五穀豊穣を祈って紙にもち米をお供えしたあと、それをあぶって間食にしていたことに由来するといわれています。その後、食べやすいように餅状に切り、天日で乾燥させたあと、あぶりながら醤油や塩をまぶすという、せんべいとほぼ同じ製法で作られるようになりました。(TEXT:料理サプリ編集部)

参考文献:『おいしいスイーツの事典』 成美堂出版

おすすめのレシピ

せんべい汁

飛田 和緒

228kcal / 10分
青森県八戸周辺の郷土汁。鶏肉やサバ缶を使ったしょうゆ味の汁もので、最後に南部せんべいを入れてさっと煮ます。お肉を一度炒めることでコクがでます。南部せんべいのモチモチ感をお楽しみください。
変わりごろものメンチカツ

工藤 敏之

786kcal / 25分
衣のパン粉におせんべいを混ぜたユニークなメンチカツです。こんがり揚がったおせんべいの香りと独特の食感が、いつものメンチカツに新たな魅力をプラス。マヨネーズを使ったソースも食欲をそそります。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。