フランス語で「金持ち」を意味する焼き菓子とは?

フランス語で「金持ち」「金融家」を意味する写真のこのお菓子、名前は知っていますか? 答えはフィナンシェ(financier)。バターの風味がこうばしいこのシンプルな形の焼き菓子に、なぜそんな名前がつけられたのでしょう?

D4b46190 ac83 4e3f 910a 3bea352ff113

19世紀、パリの金融家のために考案

フィナンシェが誕生したのは19世紀後半のパリ。証券取引所近くのサン・ドゥニ通りに店を構えていた菓子職人ラヌが、食事をとる暇もないほど忙しい金融家たちが片手で食べられるようにと考案したお菓子がフィナンシェでした。シンプルな長方形は、金の延べ棒をイメージしたのだとか。「金持ち・金融家」という名前はもちろん、形や色も「金」にまつわるよう縁起をかついだ工夫がヒットに繋がったのでしょう。金融街の紳士たちの手軽なおやつは、瞬く間にパリの街へ広がっていきました。フィナンシェの生みの親であるラヌという菓子職人は、その腕前はもちろんのこと、マーケットを見る目も持ちあわせた優れた商売人だったのでしょう。

マドレーヌとどこが違うの?

バターの香りや食感、色がマドレーヌに似ているため、両者の違いが曖昧な人も多いのでは? けれどもレシピの上ではマドレーヌとフィナンシェは決定的な違いがあります。それは全卵を使うマドレーヌと違って、フィナンシェ」は卵白だけを生地に混ぜ込むこと。そうすることで、アーモンドと焦がしバターのこうばしい風味がいきたしっとりした生地が焼きあがるのです。

焼き菓子がいつもより一層おいしくなるこの季節、濃い目の紅茶と相性バツグンのフィナンシェで優雅なティータイムを過ごしてみてはいかがでしょう。

参考文献:『おいしいスイーツの事典』 成美堂出版

おすすめのレシピ

マドレーヌ

飯田 順子

258kcal / 70分
ふんわり黄金色に焼き上げた、レモンが香るフランスの伝統菓子。生地には三温糖とはちみつを加えて、しっとりした口当たりに仕上げます。型にはバターを塗って強力粉をふっておくと、焼いたあときれいに外せます。
チョコマドレーヌ

辻口 博啓

174kcal / 85分
チョコレートとココアを加えたマドレーヌは、カカオの香りとしっとりした口当たりが魅力。はちみつを加えてやさしい甘さに仕上げます。型にバターを多めに塗っておくと、表面がさっくり焼き上がります。
つぶつぶラズベリーのマドレーヌ

李 映林

195kcal / 40分
はちみつと三温糖のやさしい甘さが絶品の手作りマドレーヌ。トッピングのラズベリーがアクセントです。生地は一晩寝かせることでよりしっとりした味わいに。ラッピングして贈り物にしても喜ばれますよ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。