10月10日が「まぐろの日」なのはなぜ?

今日、10月10日は「まぐろの日」です。「○○の日」というものはたいてい語呂合わせで決められることが多いのですが、どうしたって語呂が合わないこの日が、「まぐろの日」となった由来を知っていますか? その理由は実に1200年以上も昔に遡ります。

6c9b2b6f ba65 4fc6 b98f e6c44b4dcdbc

まぐろの日の由来は『万葉集』だった

まぐろの日は日本最古の和歌集『万葉集』に収められているある歌に由来します。726年10月10日、山部赤人という奈良時代の歌人が、聖武天皇のお供をして印南野(現在の兵庫県明石市)を訪れた際、まぐろ漁で活気づいているこの地の様子を歌に詠みました。それが後世に残り、日本かつお・まぐろ漁業協同組合が1986年にこの歌にちなんで10月10日をまぐろの日と制定したのです。

ちなみに、まぐろは当時は「鮪」と書いて「しび」と呼ばれ、『万葉集』には他にも「しび」にまつわる歌が見られます。日本人がいかに古くからまぐろに親しんできたかがよくわかるエピソードだといえるでしょう。

醤油の普及によって生まれた「ヅケ」

今では「まぐろといえばトロ」という印象がありますが、まぐろを生で食べるおいしさが広まったのは江戸時代から。氷も十分に手に入りにくく、運搬手段も発達していなかった時代は、鮮度のよいまぐろを生で食べられるのは産地だけの特権でした。

ところが江戸時代中期になり、調味料として醤油が普及したことで寿司屋が登場。まぐろを醤油に漬けたものをタネに握った「ヅケ」が評判になり、これ以降、まぐろを生で食べるのが人気になったといわれています。

もちろん栄養価の高さも見過ごせません。DHAの含有量は魚の中でもトップクラス。ビタミンB、D、Eや鉄分などのミネラル類も豊富なまぐろは、たっぷりの緑黄色野菜とあわせればほぼ完璧な栄養バランスが実現できます。今日の夕食にまぐろ料理はいかがですか?(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

ごま風味のマグロ漬け丼

飯島 奈美

480kcal / 15分
漬け丼のマグロは、トロより赤身で。赤身は調味料が染み込みやすく、ごはんが進む味になります。みりん、酒を煮切る際は、火を通しすぎず風味を残すのがコツ。薬味はわさびのかわりに、からしもおすすめです。
ばくだん海苔巻き

きじま りゅうた

190kcal / 25分
市販のお刺身と納豆を、海苔に巻いて。とってもシンプルな組み合わせですが、お酒のアテにはこんなおつまみがうれしいですね。長いものシャキシャキっとした食感がアクセント。簡単なのに絶対喜ばれる1品です。
香り山かけ

大井 純子(YOME)

163kcal / 10分
定番の山かけをおつまみ風にアレンジ。まぐろにはごま油をからめ、にんにくやしょうがをきかせたしょうゆだれでしっかり味をつけます。かつおぶしやいりごまも加えて、風味と香ばしさをプラス。
まぐろのユッケ風

コウ ケンテツ

207kcal / 10分
おつまみにはもちろん、熱々のごはんにのせて丼にしてもおいしい!切って混ぜるだけの簡単メニューです。まぐろは食感の違いが出るよう、粗くランダムに叩くのがコツ。あじやいわし、いかでもおいしく作れます。
お買い得マグロで!ハワイの「ポキ」

きじま りゅうた

160kcal / 30分
「ポキ」は、マグロの刺身を使ったハワイの郷土料理。甘辛いタレで絡め、香味野菜を添えて頂きます。この料理は安売りの赤身で作るほうが美味しいんです。お得なマグロを手に入れたらぜひ作ってみて。
まぐろのから揚げ

香山 中宣

441kcal / 20分
おろし玉ねぎとマスタードを加えた漬けだれの味を、まぐろにじんわりしみ込ませます。生とは違う、アツアツのまぐろのおいしさを楽しんで。空気に触れさせながら揚げると、衣がカリッと仕上がります。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。