今が旬! 健康効果バツグンのカロテンをニンジンからたっぷり摂ろう

代表的な緑黄色野菜のひとつ、ニンジン。1年を通じて市場に出回っている野菜ですが、旬は秋から冬にかけて。甘みや栄養成分も多くて美味しくなる時期です。もともとニンジンは中東のアフガニスタンが原産といわれており、そこからトルコを経てヨーロッパに伝わった西洋種と中国などのアジアに伝わった東洋種があります。現在、一般的なものは西洋種。日本ではどちらでも栽培されており、西洋種では五寸人参、東洋種では金時人参がよく食べられています。ニンジンがあまり好きではないという人の多くは、ニンジンの独特の香りが苦手なようですが、60年代に流通していたものと比べると、最近のニンジンは品種改良が進んだ結果、あの独特の香りが減ってかなり甘くなり、子供でも食べやすくなりました。

1adc0606 9fd5 4188 980b 8e941fa3f3a2

ニンジンの鮮やかなオレンジ色は豊富に含まれているカロテンの色素によるもの。ニンジンはスーパーなどで簡単に手に入る野菜の中では圧倒的に多くのカロテンを含んでいます。このカロテンは健康に役立つ多くの効能を持っています。

まず知られているのが強い抗酸化力。これによって免疫力を高めて、ガンや心臓病、動脈硬化、老化を引き起こす原因となる活性酵素の発生を抑えてくれます。粘膜を健康に保つ効能もあるので、風邪などの感染症予防にもつながります。また、カロテンから作られるビタミンAは皮膚の健康を守り、新陳代謝を促進するために美容効果も期待できます。

このカロテンの効果を最大限に発揮させるには、ニンジンを油と一緒に調理することがポイント。油と一緒に食べることで、体内での吸収率が高まり、生の状態と比べて8倍も多くのカロテンが摂取できるとされています。カロテンは皮のすぐ下に多く含まれているので、できるだけ皮を剥かずに調理することもポイントです。また、ニンジンにはビタミンCを破壊する酵素を含んでいるので、ビタミンCを多く含む食品と一緒に食べるときは、酢やレモンをかけて酵素の働きを抑えるか、ニンジンを加熱するようにしましょう。

おすすめのレシピ

簡単!にんじんしりしり

小林 まさみ

107kcal / 15分
沖縄の定番お惣菜。「しりしり」とは千切りの意味で、千切りにんじんにツナと溶き卵が絡んだ炒め物は、ごはんのおかずにも、おつまみにも最適です。オレンジと黄色が色鮮やかで、見た目にも元気になれそう。
にんじんのたらこソテー

平井 一代

136kcal / 10分
にんじんのオレンジとたらこのピンクがとてもきれい。テーブルが華やかになる、おしゃれな総菜です。にんじんは皮ごと千切りにして、野菜本来の甘さを引き立てましょう。仕上げに加える酢が味のアクセント。
にんじんとスペアリブのごちそうスープ

本田 よう一

699kcal / 30分
大きめに切ったにんじんと、旨みたっぷりのスペアリブが入ったスープは食べ応え十分。味付きザーサイを入れることでスープ全体の味が引き締まります。豪快に盛りつければ、特別な日のごちそうとしてもおすすめ。
にんじんが主役の回鍋肉(ホイコーロー)

井桁 良樹

417kcal / 45分
本場では回鍋肉は、かたまり肉を茹でて作るのがお約束。肉がパサつかず、しっとりジューシーに仕上がります。今回の主役は冬が旬のにんじん。丸のまま肉と一緒に茹でて、甘みをしっかり引き出しましょう。
焼きにんじんのはちみつチーズがけ

笹岡 隆次

129kcal / 40分
味噌で下味をつけたにんじんを、魚焼きグリルでじっくり焼きます。にんじんの凝縮された甘みと、ゴルゴンゾーラの塩けが絶妙な相性です。最後にはちみつをかければ、コクとまろやかさがさらに倍増!

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。