おまんじゅうはもともと人の頭のことだった!?

まんじゅうは漢字では「饅頭」と書きますが、これは漢字が示す通りに“頭”と深い関係があるものでした。

6f62427f 19bf 49e0 bff6 f10b856dfd89

その起源は中国、三国志の時代にあります。蜀の劉備に仕える天才軍師として活躍した諸葛亮孔明が、蜀の南部を統治していた猛獲を討伐するために南征したときのことです。

孔明が猛獲を降伏させて南部の平定を果たし、蜀へ凱旋する道中に大風によって河が荒れて氾濫。渡ることができなくなってしまいました。その地には、河が荒れるのは河の神が怒っているせいであり、その怒りを鎮めるために河が氾濫したときは人間の頭を切り落として河に捧げるという風習がありました。 それを聞いた孔明は、河が荒れるたびに人の命が犠牲になる悪習は改めねばならないとして、小麦粉を練って人の頭の形にし、その中に肉のあんを詰めたものを作らせました。これを“饅頭”として、人の頭の代わりに河に捧げたところ、数日のうちに河の氾濫は鎮まりました。孔明は土地の人々に今後は人間の頭の代わりに饅頭を捧げるよう命じて、無事に河を渡って蜀に帰っていきました。

もちろん、川は饅頭のおかげではなく、静まるべくして鎮まったのでしょうが、土地の人々はこれをきっかけに饅頭を食べるようになり、饅頭は広く中国全土に普及して麺や米と同じく主食のひとつとなったのです。

今では大人から子どもまでみんなに美味しく食べられているおまんじゅうですが、その起源には、ちょっと恐ろしいエピソードがあったのです。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

本格肉まん

吉田 勝彦

218kcal / 120分
もっちりとして、ほんのり甘い手作りの皮が絶品!中のあんには春雨を加えて、肉と野菜から出るうまみをたっぷり吸わせます。生地をこねるときにサラダ油を加えると、皮がつやつやになりますよ。
れんこんとえびの蒸しまんじゅう

中村 陽子

135kcal / 25分
すりおろしたれんこんと片栗粉を混ぜて蒸すと、もちもちとした独特の食感が楽しめます。粗く刻んだえびを加えれば、食べごたえがアップして見た目も華やかに。最後にかつおだしのあんをたっぷりかけて召し上がれ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。