「おはぎ」と「ぼたもち」、明確な違いは?

吹く風もひんやりして、すっかり秋らしくなった今日この頃。今年2015年の彼岸入りは9月20日です。祖先を敬い、故人を偲ぶ「お彼岸」の食といえば、「ぼたもち」、あるいは「おはぎ」です。

C207d0a0 d33f 4f79 bc82 d8349f1f3711

ところで「おはぎ」と「ぼたもち」、違いはどこにあるのでしょう?

春は「ぼたもち」、秋は「おはぎ」

「彼岸」は春分と秋分を中日とし、前後3日の7日間とされています。その間のお供えの食として昔から食べられているのが「ぼたもち」「おはぎ」と呼ばれる、あんこを絡ませたお餅です。実はこれらの名前の由来は、それぞれ季節の花からだということをご存知でしたか?

「ぼたもち」は春に咲く牡丹(ぼたん)の花にちなんでつけられた名前。小豆の粒を牡丹の花びらに見立てて「牡丹餅(ぼたんもち)」と呼ばれていたものが、やがて「ぼたもち」に変化したと言われています。

一方、秋の「おはぎ」は「萩(はぎ)」から。秋の七草にも数えられる萩の花が、小豆の粒と形が似ているということから、「お萩餅」と呼ばれるようになり、「おはぎ」として定着したそうです。

ぼたもちとおはぎ、違いは?

では春と秋での呼称が違うだけで「おはぎ」と「ぼたもち」は同じものなのか、というとこれまたそう一概に言えません。

粒あんを「ぼたもち」、こし餡を「おはぎ」と呼ぶところもあれば、春秋ともに「おはぎ」で統一しているところ、もち米を主とするものを「ぼたもち」でうるち米を主とするものを「おはぎ」と呼ぶところ、餡をまぶしたものが「ぼたもち」できな粉をまぶしたものが「おはぎ」と呼ぶところなど、地域によって実にさまざまな定義が入り乱れているのです。

いずれにせよ、「ぼたもち」と「おはぎ」が季節の趣を汲んだ、雅な由来を持つ伝統食であることに変わりはありません。ご先祖様に感謝の思いを馳せながら、今年もおいしくいただきましょう。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。