9月9日の重陽の節句って何する日?

今日、9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。 重陽の節句には何をするのか、どんな由来があるのか知っていますか? ひな祭りや端午の節句など、奇数が重なる日の「五節句」は形を変えながらも私たちの日常生活に根付いていますが、残念ながらこの重陽の節句だけは今ではほとんど忘れさられています。

Be99fb34 67c6 44fb 97b7 7fe2850eef64

菊酒を酌み交わし、長寿を願う

奈良時代の宮中では、最も大きな奇数の「九」が重なる9月9日に咲き誇った菊を鑑賞しながら、菊の花びらを浮かべた菊酒を酌み交わすという宴が催されていました。「菊」という字はたくさんの「米」を一箇所に「集める」という意味があり、米に頼って生きる日本人にとって菊は健康と不老長寿の象徴の花だったのです。

平安時代には女官の間で「菊のきせ綿(菊綿)」という風習が流行していました。これは前夜に菊の花を覆って露で湿った綿で朝に体を拭くと、若返りや長寿にあやかれると信じられていたため。平安流の美とアンチエンジングのおまじないですね。

秋の食卓に香りと彩りを

今の時期は苦味が少なく、香りがよい食用に改良された菊の花がスーパーマーケットなどで売られています。新鮮な菊の花にはビタミンB1、B2、マンガン、カリウムなどのミネラル類が含まれています。何よりもパッと目を引く鮮やかな黄色は、食卓の彩りにぴったり。菊ご飯、菊花を和えた酢の物、お吸い物など、芳香と彩りを活かしたさまざまな料理があります。 花弁は少々の酢を加えた湯でさっと湯がき、すぐに水にはなってからザルにあけて使ってください。

今夜は優雅な「観菊の宴」を想像しながら、菊花を使った料理を献立にとりいれてみてはいかがでしょう。(TEXT:料理サプリ編集部)

参考文献:『食育歳時記』(新藤由喜子/ぎょうせい)

おすすめのレシピ

豚肉とごぼうと菊のスープ

北山 彩子

211kcal / 20分
具だくさんのおかずにもなるスープです。最初に豚肉と根菜を炒めてコクを出し、さらに水からじっくり煮ることで、だしなどを使わなくても奥深い味に仕上がります。最後に菊をちらして、香りと彩りを楽しんで。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。