二日酔いの強い味方・しじみは冷凍させれば効果アップ!

日本人は縄文時代からしじみを食べていたそうです。江戸時代には天秤棒をかついでしじみを売り歩くしじみ売りの姿はあちこちで見られたそうで、古典落語の演目にも「しじみ売り」というものがあります。安くて栄養豊富なしじみは当時から庶民に愛されていた食材で、しじみの味噌汁は江戸っ子の朝食の定番メニューになっていました。現在でもしじみは多くの日本人から愛される食材のひとつで、その肝臓の機能をアップさせる効果も有名です。「しじみ汁は二日酔いに効く」と、しじみは酒飲みたちの間では欠かせない食材になっていますが、昔の人たちも身を持ってしじみが肝臓にいいことを知っていたようで、江戸時代中期に発刊された文献にも、しじみについて「黄疸を治し酔を解す」という記述があるそうです。

F9b5d053 d569 403d bda0 62e12e9709e0

しじみが肝臓にいい効能をもたらすのは、しじみに多く含まれるオルニチンというアミノ酸によるものです。オルチニンは体内に入ると腸で吸収され、血液に乗って全身に運ばれていきます。このオルチニンには肝臓がアンモニアを分解する作用を促進してくれる働きがあり、二日酔いで弱っている肝臓の機能をサポートしてくれるのです。

このオルチニンは、マイナス4℃で冷凍すると、なんと8倍にも増えることがわかっています。その詳しいメカニズムはわかっていませんが、冷凍するだけで健康にいい成分が増えるのだから、やらない手はありません。その際は事前に砂抜きと殻についた汚れを洗うことを忘れないようにしましょう。

しじみには、そのほかにもアルコールの代謝を促すアラニンやグルタミン、胆汁の分泌を促すタウリンなども豊富に含まれています。お酒が好きでついつい飲み過ぎてしまう人、お酒のお付き合いが多い人は、毎朝のしじみ汁用に、小分けにしてしじみを冷凍して常備しておくことをオススメします。冷凍したまま熱湯に入れて好きな味付けをするだけでいいので、手早く簡単に美味しいしじみ汁が作れますよ。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

しじみ汁

飛田 和緒

43kcal / 10分
宍道湖の名産、シジミを使った島根県の郷土汁。ごぼうを入れることにより、ごぼうの香りとしじみの香りを合わせて楽しめる味に仕上げます。
しじみのクラムチャウダー

平井 一代

269kcal / 15分
あさりでつくることの多いクラムチャウダーを、今回はしじみを使ってつくります。しじみは身だけでなく、煮汁も加えるので栄養たっぷり。野菜は玉ねぎやセロリを加えても甘さがアップするのでおいしいです。
しじみカレーリゾット

東京カリ~番長

482kcal / 30分
日本有数のシジミ産地である宍道湖のシジミを使ったカレーをリゾットにアレンジ。しじみのだし汁をいかしつつ、身も楽しめる一品に仕上げました。付け合わせの梅の酸味とも相性抜群です

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。