ぷるぷる肌を作るコラーゲン、「食べる」と「塗る」はどっちが効果的?

シミやしわ予防、保湿にはお肌に潤いを与えてくれるコラーゲンが有効、という事実は女性なら誰しも知っているはず。化粧品でも食品でも、「コラーゲン」という文字を見ると心動かされてしまう人は多いのではないでしょうか。 ところでこのコラーゲン、肌に直接塗るのと食品から摂取するのではどちらが美肌に有効なのでしょうか?

6a61c66e 71e2 4c35 ac20 bc8061a34b52

そもそもコラーゲンって何?

そもそもコラーゲンはたんぱく質の一種であり、細胞同士を結びつける物質の主成分です。なぜコラーゲンが美肌にいいかというと、皮膚組織で細胞と細胞をつなぐ役割を果たすことで、肌のハリや弾力性のもととなっているから。とくに、肌の土台である真皮の約70%はコラーゲンで、残りはヒアルロン酸やエラスチンなどできています。いずれも美容液の有効成分としてよく見かけるはず。水分をたっぷり蓄えた「ぷるぷる肌」はこれらの成分によって作られるのです。

コラーゲンは皮膚から吸収はされない

コラーゲンは、鶏の手羽先、牛すね肉、豚足、ひらめやかれいのえんがわ、ふぐ、フカヒレなどに豊富に含まれています。加熱するとコラーゲンはゼラチン質に変化するため、冷えると固まる性質があります。魚の煮汁が冷えた固まったものを「煮こごり」といいますが、これには魚から溶け出したコラーゲンがたっぷり含まれています。

ではこれらの食品を食べると美肌になれるかというと、話はそう単純ではありません。食品からとったコラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解され、骨や血管など、体内のさまざまなところで合成されるため、必ずしも皮膚のためだけにダイレクトに役立つというわけではないのです。

では、化粧品で直接肌に吸収させたほうが効果的かというと、コラーゲンが皮膚から吸収されて真皮まで届くということは、残念ながらありえません。化粧品に配合されているコラーゲンが作用するのは、あくまで肌の表面だけ。塗って得られるのは保湿効果だけです。

美肌の基本はコラーゲン+ビタミンC

では食品から摂ったコラーゲンを美肌に結びつけるには、どうすればいいのでしょう? その答えは、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCと一緒に食べること。コラーゲンたっぷりの食品を摂る場合は、あわせて生野菜やフルーツなど、ビタミンCが多く含まれている食材を一緒に摂るようにしましょう。体内で効率よく吸収されることで、肌に届くコラーゲン量も増加します。とくに肌が紫外線のダメージを受けやすい夏は、コラーゲン+ビタミンCの献立を心がけてみてください。

おすすめのレシピ

手羽先とフレッシュビーンズのレモンスープ

コウ ケンテツ

304kcal / 30分
手羽先のうまみにレモンで酸味を加えたスープです。手羽先は表面をしっかり焼くことで、特有の臭みがなくなりスープにコクが生まれます。春の豆はいろんな種類を入れると、味や食感にメリハリが出ておいしさアップ!
手羽先のバスク風煮込み

菊地 美升

224kcal / 40分
フランスとスペインの国境、バスク地方の素朴な煮込み料理。具材を炒めて煮込むだけですが、トマト缶を裏ごししたり、手羽をしっかり焼き付けたり、ひとつひとつの工程を丁寧にすることで味に差が出ます。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。