「豚肉にはクエン酸」が疲労回復のキーポイントって知ってた?

ビタミンB1が豊富で疲労回復に良い、と広く知られている豚肉ですが、食べ過ぎは逆効果だということをご存知ですか? 豚肉だけを多量に食べると、実は疲労物質を貯めこむきっかけになってしまうのです。この矛盾を失くすポイントは、クエン酸を含む食材と組み合わせて食べること。そのメカニズムと疲労回復に効果的な豚肉の食べ方について今回はご紹介します。

D00c6a42 305a 4f9a bcc2 f53e1ae4e551

■ビタミンB1を多く含む食品の代表選手は「豚肉」!

糖質の代謝を促し、脳も身体も元気に活性化させる役割を果たしているのがビタミンB1です。特にお酒をよく飲み、お菓子や白米を多く食べるなど糖質の摂取が多い人は意識して摂りたい栄養素の一つと言えます。

また運動をしたり、頭を使ったりすると疲労物質である乳酸が増えて疲れを感じやすくなります。新陳代謝を促し、乳酸をスムーズに排出するためにもビタミンB1の働きは重要となってくるのです。

このように疲労回復に効果的なビタミンB1ですが、食品の中では「豚肉」に多く含まれています。特に豚ヒレ肉は食品の中でも含有量が多く、150gを食べると1日の必要量をクリアできるほどです。

■ただ多量に食べては逆効果?ポイントは「クエン酸」にあり

疲労回復に効果があるから、と豚肉を多量に食べれば元気になると思いがちですが、実は食べ過ぎは逆効果。たくさん食べると今度は“ピルビン酸”という疲れの元となる物質が増えて、体内に乳酸が貯まりやすくなってしまいます。

この問題を解決してくれるのが「クエン酸」です。クエン酸は豚肉を多量に食べて発生するピルビン酸を、クエン酸に変える働きがあります。クエン酸は乳酸を分解して体外への排出を促す役割もあり、豚肉との相乗効果でエネルギー増加、疲労回復につながるのです。

■豚肉とクエン酸は疲労回復に欠かせない組み合わせ

クエン酸はかんきつ類や梅、トマト、お酢などに多く含まれています。トンカツにレモン汁をかけたり豚の冷しゃぶにポン酢を付けたりするのは、理にかなった食べ方なのです。またトマトソースや梅肉も豚肉料理には相性の良い食材で、多くのレシピが紹介されています。

一方、豚肉料理とは別に、クエン酸の含まれる飲食物を献立に組み合わせるだけでもOK。たとえば食事の前にサワードリンクを飲んだり、梅干しやミカンを食べたり、といった手軽なことでも構いません。

「豚肉を食べるときにはクエン酸」と意識すれば、今まで以上に疲れ知らずの毎日が過ごせることでしょう。特に夏バテしやすい時期などは、ぜひ覚えておきたい食べ方です。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

梅トマトだれの豚しゃぶサラダ

SHIORI

273kcal / 15分
肉料理の定番、豚しゃぶをサラダ風にアレンジ。トマトと梅を加えた和風だれで、野菜がたっぷり食べられます。豚肉は沸騰した湯で茹でるとパサつきやすいので、余熱でやさしく火を通し、しっとり仕上げましょう。
豚肉と野菜のさっぱり南蛮漬け

河野 雅子

277kcal / 30分
めんつゆで簡単にできる南蛮漬けです。れんこん、赤パプリカ、かぼちゃなど、歯ごたえの良い野菜を使い、彩りも鮮やかに。河野先生のお宅では豚肉のかわりに牛肉も定番だそう。ご家庭の食材でアレンジしましょう。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。