普通のコーヒーとエスプレッソの違いは!? 今さら聞けないコーヒーの基礎知識

コーヒーチェーンの種類も増えてきて、日常的にコーヒーやカフェラテ、エスプレッソなどを楽しんでいるという人も多いことかと思います。ただ、それぞれの違いをちゃんとわかっているという人は意外と少ないのではないでしょうか。そこで「今さら人に聞くのもちょっと……」という人のために、ここでコーヒーの種類についてしっかりおさらい!

D76c69cc 5abc 4d78 a4af d0326eaac649

いわゆる〝コーヒー〟とは?

まず、一般的な「コーヒー」について。これは焙煎して挽いたコーヒー豆にお湯を注いで抽出したものです。この抽出の仕方をドリップ式と呼び、「ペーパードリップ」「フレンチプレス」「ネルドリップ」「サイフォン」などの種類があります。それぞれドリップの仕方が違うことで味に違いが出てきますが、お湯にコーヒーの成分がゆっくりとしみ出てくるので、苦味が強くなる深煎りの豆はあまり使用しません。

ところで〝エスプレッソ〟ってなに?

一方、エスプレッソはマシンなどの専用の器具で豆に圧力をかけて一気に抽出したコーヒーのことです。語源はイタリア語で「急行」を意味する“Espresso”。深く焙煎した極細挽きの豆を使用することが多く、濃厚なコクと強い香りが特徴です。多めに抽出しようとすると、えぐ味が強くなりすぎるため短時間で少量だけ抽出し、デミタスカップという小さいカップで飲みます。

もう一声!〝カフェオレ〟と〝カフェラテ〟の違いは?

では、コーヒーに牛乳が入ったカフェオレとカフェラテの違いはどこにあるのでしょうか。どちらも「コーヒー牛乳」を意味する言葉で、カフェオレがフランス語、カフェラテがイタリア語という違いがあります。一般的にドリップ式のコーヒーに牛乳を入れたものをカフェオレ、エスプレッソにスチーマーで軽く泡立てた牛乳を入れたものをカフェラテと呼ぶことが多くなっています。

ちなみに…

カフェオレとカプチーノの違いはミルクの泡立て具合の違いです。カプチーノは、エスプレッソにスチーマーでしっかりと泡立てた、ふわふわのフォームドミルクを入れたもののこと。このとき、フォームドミルクの量をスプーン1杯~エスプレッソと同量程度と少なめに入れたものが、カフェマキアートと呼ばれています。また、コーヒーにシロップなどを入れる「モカ」などのアレンジコーヒーにも、エスプレッソを使われることが多くなっているようです。

普段何気なく飲んでいるコーヒーにも違いがあるんですね。自分の好きなコーヒーはどれか、探して飲んでみるのもいいかもしれませんね。(text: 料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

インスタントコーヒーの絶品カフェモカ

藤井 香江

217kcal / 15分
本来はエスプレッソで作る濃厚なカフェモカ。インスタントコーヒーを使い、お店の味をおうちで再現できる絶品レシピをご紹介します。仕上げには生クリームや製菓用のアラザンを添えると見た目も上品に。
ラム酒とコーヒーゼリーのほろ苦ラテ

大野 明衣子

80kcal / 95分
コーヒーゼリーのデザートカクテル。ラテにはほろ苦いエスプレッソを使い、ちょっと大人な味わいです。ゼリーは少し柔らかめに仕上げ、飲みやすく仕上げるのがポイント。インスタントでも美味しく作れますよ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。