夏の定番麺料理「冷やし中華」は日本の創作料理だった!?

今や夏の到来を告げる風物詩でもある、中華料理屋の「冷やし中華はじめました」の貼り紙。実際には夏が来る前の5月中旬くらいに始まることの多いようですが、水でキュッと締めた中華麺に色とりどりの具材を乗せ、酢の酸味が効いた醤油ダレでいただく冷やし中華は、蒸し暑い日本の夏にぴったりの料理です。

705386b9 2693 4a99 a590 173889ad5159

この冷やし中華の起源について、名前に「中華」とついていることから中国発祥の料理と思われることもあるようですが、実はれっきとした日本料理。グルメマンガのロングセラー『美味しんぼ』でも頑固な美食家・海原雄山が冷やし中華について「あんな物は中華料理なんかじゃないっ!!」と罵倒するエピソードがありました。その後、美味しい冷やし中華を食べて「冷やし中華も、作り方によっては、立派な中華料理になるんです」と、手のひらを返していましたが。

さて、冷やし中華のルーツですが、諸説ある中でもっとも有名なのが1937年に宮城県の仙台市で現在も営業中の「龍亭」で発売された「涼拌麺(リャンバンメン)」がその起源というものです。当時は冷房もなくて夏場は中華料理屋にとって売り上げが激減してしまう時期。その対策として龍亭の創業者だった故・四倉義雄氏が当時の仙台の中華料理の組合員たちと開発したのが、涼拌麺です。これは水洗いした麺に茹でたキャベツや塩もみのきゅうり、細切りのニンジン、トマトといった野菜に鶏ガラスープに醤油と酢で味つけをしたタレをかけたもの。これが人気を呼んで仙台市内の他の中華料理屋にも広まっていきました。現在でも仙台市は冷やし中華発祥の地として、夏でなくても冷やし中華が食べられる地域になっています。

東京・神保町の揚子江菜館で1933年に開発された「五色涼拌麺」が冷やし中華の元祖という説もあります。こちらは、富士山をイメージして細切りにした具材を中華麺の上に山形に乗せた盛り付けが話題に。現在の冷やし中華の盛り付けは、この五色涼拌麺の富士山スタイルが原型だとされています。

このように、それぞれの店が独自に冷たい麺料理を開発していったわけですが、全国的に広まったきっかけは、1960年に仙台の製麺会社「だい久製麺」が家庭用として市販したタレつきの冷やし中華麺「元祖だい久 冷やし中華」。これは涼拌麺を家庭で食べられるようにアレンジした商品で、全国的に大ヒットしました。同社が「冷やし中華」の商標をフリーにしたことで、冷やし中華という名称も広く一般化し、日本の夏の定番料理となっていったのです。

おすすめのレシピ

冷やし中華

吉田 勝彦

550kcal / 20分
冷蔵庫にある食材で手軽にできる冷やし中華。レモンと粒マスタードで酸味をきかせた自家製だれでいただきます。麺は茹でて冷やしたあと、酢とごま油をもみ込むがポイント。このひと手間で食感がぐっとよくなります。
トマトだれの冷やし中華

平井 一代

525kcal / 15分
マンネリになりがちな冷やし中華を、トマトだれでアレンジ。お酢とトマトの酸味であっさりとしていて、食欲がないときでもお箸が進みます。そうめんやうどんにも合うので、たれを多めにつくっておくと便利です。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。