食前酒を飲むと本当に料理が美味しくなる!?

これから始まる美味しい食事に期待をふくらませながら飲む食前酒は、とても楽しい気分にさせてくれるものです。アルコールが気分をリラックスさせて、同席する人との会話も弾むことでしょう。

57f072c1 f454 40b1 8c63 b4233343d768

食前酒はその名の通り、食事の前に飲むお酒のこと。この習慣は19世紀のフランスで始まったとされており、フランス語では「アペリティフ」といいますが、これは「食欲をそそる」という形容詞です。中国語では「開胃酒」といい、漢字を見てもわかるように「胃を開く酒」という意味。

実際に食前酒を飲むことで、料理は美味しくなるのでしょうか。食前酒には喉を潤してくれるだけではなく、体を食事に備えて調整するような働きがあります。多くの食前酒に含まれる、炭酸や酸味、苦味が胃に刺激を与えて胃液を分泌して食欲を増進。空腹は何よりの調味料、食欲が高まれば料理も美味しくなるというわけです。アルコールも同様に胃を刺激して、ゆったりした気分にさせてくれることで食欲を高めてくれます。そして、唾液や胃液の分泌が促されることで、同時に消化をよくする効果もあるのです。

食前酒には基本的に何を選んでもいいとされていますが、一般的にはシャンパンやスパークリングワイン、キールなどのワインベースのカクテル、シェリーやベルモットがよく飲まれています。カンパリや梅酒や杏露酒などのリキュールを炭酸で割ったものもいいですね。ただし、あまり甘いものは食欲の低下につながるので、食前酒には向きません。また、あまりアルコールが強いものは避けましょう。欧米では食前酒としてジンとベルモットで作るカクテルのマティーニがよく飲まれますが、お酒の弱い人なら一杯で酔ってしまうぐらいアルコール度数は高め。食事が始まる前にベロベロなんていう最悪の事態は避けたいものです。

お酒に弱い人はアルコールの効果はありませんが、食前用にレシピが考えられたノンアルコールカクテルや食前茶(アペリティー)を食前酒の代わりにしてもいいでしょう。

食後、料理の余韻を楽しみながら飲むのが食後酒です。アルコールの作用で血行がよくなることで、消化の促進がよくなるとされています。このときは食前や食事をしている最中にはあまり飲まないブランデーやウイスキーなど香りが強くてアルコール度数の高いお酒が好まれます。また、デザート感覚で飲める甘口のシェリー酒や貴腐ワイン、甘めのカクテルもいいでしょう。このときも、もちろん飲み過ぎには注意。悪酔いしてしまったら、それまでの楽しい食事が台なしです。

おすすめのレシピ

ハイビスカスのカクテル

島田 哲也

164kcal / 180分
ビタミン類がたっぷり含まれ、健康にもいいと言われるハイビスカスゼリーを使った、ヘルシーでおいしいカクテル。見た目も綺麗で、ウエルカムドリンクにぴったりです。ゼリーはデザートとしても楽しめます。
オレンジのカクテル

おおつき ちひろ

187kcal / 5分
「バレンシアの水」と呼ばれる、スペインのカクテルです。フレッシュオレンジとスパークリングワインの爽やかな味わいがとても贅沢。見た目にも華やかで、パーティーの時などにも喜ばれること間違いなし。
フルーティーサザンカンフォート

仁藤 由希恵

131kcal / 5分
果実とハーブの華やかな香りが大人気のリキュール「サザンカンフォート(SoCo)」を使った、フルーティーなカクテル。ベリーやオレンジなど、甘酸っぱい果実との相性バツグンです。ミントを添えて召し上がれ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。