いちごを使わない「いちご煮」の由来

青森県八戸市を中心とした三陸海岸周辺の伝統的な料理「いちご煮」。知っている人には言わずもがなの有名なご当地料理ですが、知らない人は、その名前からいちごを使ったジャムのようなものを連想してしまうかもしれません。

Bc60101d 6949 44ef b5d6 03972f4b1710

これは、三陸海岸周辺でとれる自慢のアワビとウニを使った贅沢なお吸い物のこと。太平洋の豊富な資源に恵まれた八戸近辺の漁師料理です。古くからこの地では夏になると「かづき」と呼ばれる男たちが素潜りで漁をして、大量に獲ったウニやアワビを浜辺に持ち込んだ大きな釜に放り込み、海水で煮込んで食べていました。大正時代、この豪快な料理を八戸市鮫町の老舗料亭旅館「石田家」がお椀にきれいに盛りつけてお吸い物として出すようになったのです。昆布だしと塩、わずかな醤油だけで味つけをしたシンプルな料理ですが、現在でも青森県では、おめでたい席やお正月に欠かせない代表的な郷土料理のひとつになっています。また、毎年7月にはこの料理の伝承と地域交流を目的とした「いちご煮祭り」も青森県階上町で開催されています。

では、まったくいちごと関係がない料理なのに、なぜ「いちご煮」という名前になったのでしょうか。この命名者も「石田家」のご主人でした。当時、二代目主人だった石田多吉氏が、淡い乳白色の潮汁に沈む赤みの強いウニの卵巣を朝もやの中の野いちごのように見えるということから名づけたそうです。浜辺でウニとアワビを煮込んで食べていた漁師たちも、自分たちの豪快な料理がこうした風流な名前のついた料亭料理になるとは想像していなかったでしょうね。

自分で作るには、材料費がかなりかかってしまいそうですが、現在では缶詰やフリーズドライのパックがリーズナブルな価格で売られていますので、機会があればぜひ。お吸い物だけでなく、炊き込みご飯や雑煮、茶碗蒸しにしても美味しくいただけます。

おすすめのレシピ

はまぐりのお吸い物

オカズデザイン

45kcal / 30分
三重県の郷土料理、はまぐりのお吸い物です。貝と相性のいい酒をたっぷり使います。シンプルな料理なので良いはまぐりを使うこと・はまぐりの火入れは最小限に抑えることがポイントです。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。