「糖質ゼロ」ビールはダイエットになる?

ビールが好きな人にとって怖いのはビール腹。気がつけば若い頃に比べてひと回りどころか三回りぐらい太ましく立派になったお腹に危機感を抱いている人も多いのではないでしょうか。そんな人たちが注目しているのが、最近増えてきた「糖質ゼロ」をうたう「発泡酒」や「第3のビール」の存在。糖質とは三大栄養素のひとつであるたんぱく質から食物繊維を除いたもの。砂糖だけでなく、米や小麦、いも類に含まれるでんぷんも糖質に含まれます。糖質の量を減らす「糖質制限ダイエット」が流行したことからもわかるように、糖質の量は体重の増減にも影響します。「糖質ゼロ」の発泡酒はダイエットにいかにも効果がありそうです。

F8a5e02b 8805 4c42 ba7e 9e611aeb94f5

「糖質ゼロ」の表示をするための基準は、食品100グラム、飲料100ミリリットルあたり糖質が0.5グラム未満であること。つまり、厳密にいえば、糖質が完全にゼロではなくても「糖質ゼロ」と表示することはできるのです。そして、糖質ゼロといっても当然カロリーまでがゼロというわけではありません。「糖質ゼロ」の発泡酒と第3のビールのほとんどは、350ミリリットル缶につき、65~100キロカロリーほどのカロリーがあります。それでも一般的なビールは同量で140~170キロカロリーほどあるので、かなりカロリーが少なくなっていることは間違いありません。

またアルコールそのものにも1グラムにつき約7キロカロリーほどのカロリーがあるので、アルコール度数が少ないものほどカロリーも少なくなっています。せっかくローカロリーの「糖質ゼロ」を飲んでも気持ちよく酔うために量が増えてしまっては元も子もありません。また、お酒を飲む人はご存知の通り、アルコールには食欲増進作用があります。いくら「糖質ゼロ」を飲んでもおつまみをたっぷり食べてしまっては逆効果。お酒に関してはだいたいにおいて同じ結論になってしまうのですが、いくら「糖質ゼロ」といっても飲み過ぎは禁物ということです。

おすすめレシピ

おつまみたこじゃが

亀山 泰子(かめ代)

121kcal / 25分
たこのうまみをじゃがいもにしみ込ませた和風ポテトサラダです。マヨネーズではなくオリーブオイルでさっぱり仕上げ、最後に柚子こしょうをプラス。さわやかな辛みがきいていて、おつまみにぴったりですよ。
アンチョビとオリーブのおつまみやっこ

植竹 隆政

140kcal / 15分
イタリアン食材のアンチョビを、さっぱりと冷ややっこにアレンジ。黒オリーブペーストはちょっと馴染みのない食材かもしれませんが、ひとつあるとパスタや野菜の炒め物などに使えてとても便利ですよ。
きゅうりの豆板醤ソース和え

陳 建太郎

150kcal / 15分
建太郎さんも大好物というきゅうりの冷菜。豆板醤、しょうが、にんにくでパンチのある味に仕上げ、お酒のおつまみにもぴったりです。中華料理ならではのきゅうりの下ごしらえも、ぜひ覚えましょう。
マッシュルームのガーリックバター焼き

八木 佳奈

84kcal / 15分
ガーリックバターをマッシュルームに詰めて、トースターで焼くだけ。白ワインにぴったりの手軽なおつまみです。焼く直前まで事前に下ごしらえしておけるので、おもてなしメニューに重宝します。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。