ラーメン屋に「◯◯軒」が多い理由

来々軒、ホープ軒、大勝軒……ラーメン屋には「軒」のつく店名が多くあります。江戸時代から「◯◯軒」のように末尾にこの漢字を使った店の名前はあったようです。その際、江戸時代に多かった屋台や行商ではなく、店舗を構えて商売をしていたところが、軒の字をつけた店名にしていました。明治になってからも、引き続き店名に軒の漢字を使われており、小さな洋食屋などが「◯◯軒」を名乗るようになりました。そんな中には現在まで残っている老舗洋食店もいくつかあります。

1dafb175 3d45 4b8a a0e0 afd2873a2c35

そして1910年に日本のラーメン屋の草分け的存在である「来々軒」が、当時東京一の繁華街だった浅草にオープンします。主人の尾崎貫一さんは、横浜中華街の腕をふるっていた料理人を招き、ラーメンやワンタン、シュウマイなどを庶民的な料金で提供。これが大変な評判となって来々軒の名前は全国的に有名になりました。ここで出されていたラーメンが醤油ラーメンだったことから、現在「懐かしの東京ラーメン」といえば、醤油ラーメンを指すようになったのです。

人気店として知られるようになった来々軒ですが、三代目の店主が第二次世界大戦に出征中に店名の商標登録が期限切れになってしまいます。再び申請しようとしたところ、すでに日本中に多くの「来々軒」ができた後で、申請は却下されてしまいます。そして、浅草の来々軒も1944年に閉店。しかし、その後も全国各地に来々軒や来々軒にあやかろうとした「◯◯軒」の名をつけたラーメン屋が数多くできました。こうして「来々軒」はラーメン屋さんの代名詞のような存在になったのです。

来々軒は戦争終結後の1945年に東京駅八重洲口に再び店を構えますが、1994年に閉店。その後、来々軒で修行を積んでいた人が、千葉県の稲毛市に「新来軒」という店を開店。現在まで来々軒の味を引き継いでいます。

おすすめのレシピ

野菜たっぷり春雨ラーメン

菰田 欣也

266kcal / 15分
野菜のうまみが春雨にしみ込んだやさしい味のラーメンです。玉ねぎは食感が残るよう、繊維を断ち切るように切るのがコツ。ピーマンはほろ苦さが味のアクセントになるので、必ず入れましょう。卵をのせても美味。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。