天ぷらの“ぷら”っていったい何のこと!?

魚介類や野菜を小麦粉の衣でつけてあげる「天ぷら」。代表的な日本料理のひとつですが、この料理、そもそもなんで「天ぷら」なんていう名前なのでしょうか。「天」といわれても何の関係があるのかよくわからないし、「ぷら」に至ってはいったい何のつもりなのかさっぱりわかりません。

146f803a 75d1 46ad ab8f 32d498851037

この天ぷらの名の由来には諸説あり、戦国時代の後半に日本にやってきたポルトガル人が使っていた「調理」を意味する「テンペロ」から派生したという説やスペイン人の神父が「テンプロ(スペイン語で聖堂の意味)」で作っていた精進料理が揚げ物だったからという説がよく知られています。寛永元年に刊行された『料理歌仙の組糸』という江戸時代の料理書には、「天ぷら」という言葉と一緒に現代と変わらない作り方が紹介されており、この当時に日本人の間に天ぷらが定着していたことがわかります。

また、天ぷらは漢字だと「天麩羅」という表記をしますが、これは江戸時代の戯作者・山東京伝がつけたという説が有力。関西から芸姑と駆け落ちしてきた男が江戸で衣をつけた魚を売ろうとし、その料理の名前について山東京伝に相談したところ、男の経歴から「天竺浪人」を連想して「天」、衣の小麦粉から「麸」、薄い衣が「羅(うすぎぬ)」のような感じがあることで、「天麩羅」という字を当てたということです。

ちなみに、その以前より大坂では魚のすり身を素揚げにしたものを「天ぷら」と呼んでいました。現代でいうところの「さつま揚げ」と同じようなものです。しかし、明治以降になると、天ぷらは江戸流の衣揚げを指す言葉として確立されてしまいました。海外でも「TENPURA」といえば江戸流の衣揚げ料理のことになっています。しかし、現在でも大阪以西の西日本では、さつま揚げのことを「天ぷら」と呼ぶことがあります。同じ「天ぷら」でも、ふたつの意味が共存しているのですね。

おすすめのレシピ

生ハムとアボカドの天ぷら

寺田 真二郎

599kcal / 20分
アボカドと生ハムを使ったユニークな天ぷらをご紹介。揚げたてを頬張れば、中から熱々のアボカドがとろっと溶け出します。生ハムに塩けがあるのでそのままおいしく食べられて、お弁当のおかずにもぴったり。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。

サービス終了のお知らせ

2020/3/31 をもちましてサービス終了いたします。 サービス終了によりプレミアム会員の期間が 30 日間に満たない場合でも、返金は致しませんので、予めご了承ください。