節分に恵方巻きを食べるのはなぜ?

節分の日に食べると縁起がいいという「恵方巻き」。「恵方」とは、陰陽道でその年の干支に基いて定められためでたい方角のこと。その方角に向かって目を閉じて無言のまま、願いごとしながら太巻き寿司を切らずに丸ごと食べる――これが恵方巻きのルールです。

52ab799f 63ea 487b 9b81 38893a4a498b

巻き寿司を切らずに食べるのは「縁を切らない」という意味があり、七福神にちなんだ7種類の具材を海苔で巻くことで「福を巻き込む」という願いも込められています。

恵方を向いて巻き寿司を食べることから「恵方巻き」と呼ばれていますが、その他にも「恵方寿司」「吉方寿司」、独特の食べ方から「丸かぶり寿司」と呼ばれることがあります。

「昔は節分に太巻きを食べるようなことはなかった」という人も多いでしょう。この風習はもともと関西地方では一般的でしたが、全国的なものではなかったのです。

恵方巻きがいつどこで始まったのか、その起源は諸説あり、正確なところはわかっていません。江戸時代末期に大坂・船場の商人たちが商売繁盛と厄除けを祈願する風習として始まったという説がよく知られているようです。

その後、この風習は廃れてしまいましたが、1970年代に大阪海苔問屋居有働組合が道頓堀で海苔の販促キャンペーンとして行ったイベントがきっかけとなり、節分の夜に巻きずしを食べるという風習が関西地方では一般的になっていったようです。

この風習が関西地方だけでなく、全国区になったのはコンビニエンス・ストアの力によるところが大きいでしょう。1990年代後半から一部のコンビニエンス・ストアが商業的に売り上げの落ちる1月末~2月初旬の販促商品として恵方巻きを全国販売。2003~2004年には全国のスーパーやコンビニで販売されるようになり、大々的に宣伝されたことから恵方巻きは全国に広まったのです。つまり、恵方巻きはバレンタインにチョコレートを配るのと同じく、商業的な販促活動が生んだ風習ともいえるのです。

いずれにせよ、豆だけではお腹いっぱいにならないことですし、「そんな商業主義的な販促キャンペーンには乗らない!」などとかたいことは言わず、節分の日は美味しい太巻きを食べてみてはいかがでしょうか。今年の恵方は「西南西」だそうですよ。

おすすめのレシピ

恵方巻き

オカズデザイン

474kcal / 90分
大阪府の郷土料理、恵方巻きです。七福神にちなんだ7つの具材をひとつひとつ手作りすると、驚くほどおいしいご馳走になります。年の節目に楽しみたい料理です。
スモークサーモンとチーズの恵方巻き

本田 よう一

544kcal / 20分
手軽に揃うだけでなく、簡単な調理で作った食材を使った恵方巻き。和風な印象がある恵方巻きを、今回はスモークサーモンとチーズを入れて洋風に仕上げました。細めに巻くので女性やお子様でも食べやすいサイズです。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。