しなびた野菜もこれで復活! 50℃洗いのヒートショック効果

冷蔵庫の野菜室にうっかり何日も放置したせいで端が赤く変色してしんなりしたレタスや全体的にしおれてやる気の感じられなくなったほうれん草などを見ると「ズボラな性格のせいで申し訳ない」と思わず罪悪感を抱いてしまいますよね。

D0a15cea 77ae 449b b817 3089805a085d

そんな気分をちょっと落ち込ませるしなびた野菜をシャキッと復活させる手軽な方法があるのです。それは50℃のお湯でつけ洗いするというもの。テレビ番組で紹介されて、一時期話題になったので覚えている方もいらっしゃるでしょう。

冷蔵庫に放置した野菜がしなびていくのは、細胞から水分が失われていくからです。通常の状態では、野菜の表面にある気孔は水分の蒸発を少しでも抑えるために閉じられています。ところが、50℃のお湯で洗うことで"ヒートショック"と呼ばれる現象が起きて気孔が開き、そこに水分が戻って新鮮な状態に戻るのです。また、50℃洗いは見た目が新鮮に戻るだけじゃありません。野菜の細胞と細胞の間にはペクチンという栄養素があるのですが、50℃のお湯につけることでこれらが固くなって細胞を結合させ、歯ごたえがよくなり、旨味も増すのです。さらに、50℃洗いによって減菌効果も期待できます。野菜は水で洗うよりもお湯で洗うほうが表面についている雑菌を大幅に減らすことができ、その分鮮度を長持ちさせることができるのです。もちろん野菜に含まれるビタミンCなどがお湯に流れ出すこともありません。このように良いこと尽くめの50℃洗い、野菜だけでなくきのこや果物でも効果があるのです。

50℃洗いのやり方はとても簡単。大きめのボウルに50℃のお湯を張って食材を入れて洗うだけ。わざわざ温度を測って50℃のお湯を作るのがめんどくさいという方も多いでしょう。キッチンのどこかに眠っている温度計を探さなくても大丈夫。沸騰させたお湯に同量の水道水を混ぜるだけで50~55℃のお湯を簡単に作ることができます。厳密に50℃ぴったりでなくても、この温度帯のお湯であれば効果は変わりません。面倒がらず、ぜひ一度試してみてください。

ちなみに野菜と同じように肉や魚も50℃洗いすることで美味しくなります。これは表面の余分な脂が落ちて臭みが取れ、火も通りやすくなるから。ただし、肉や魚は野菜と違って50℃洗いをすると保存がきかなくなるので、その日のうちに使いきりましょう。

おすすめのレシピ

梅風味の和風コールスロー

笠原 将弘

84kcal / 15分
サラダの人気メニュー、コールスローを和風仕立てに。梅干しのすっきりとした後味がくせになります。白菜と大根は繊維に沿って切るのがコツ。塩もみしたあとも、ほどよい食感が残ります。
レタスのオイスターソースがけ

譚 彦彬

122kcal / 10分
サッと茹でたレタスに熱々のオイスターだれをかけるだけ。シンプルなのにどんどん箸が進むお手軽本格中華です。レタスはサラダ油と塩を加えた湯で茹でることで、シャキッと仕上がり水分も出にくくなります。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。